イレズミフエダイ解散式です。
蛍の光 ♪ 窓の雪 ♪ 書よむ月日 ♪
重ねつつ ♪ いつしか年も ♪

早朝ダイビングには、イレズミフエダイの群れは
ペリリューエキスプレスにいたのですが、
日中時は、一切、ペリリューエキスプレスにいません。

イエローウォールの方には若干は、いますが、
放精放卵はほとんどしません。

新月に近づき、違う魚が群れています。
オニヒラアジの群れです。

onihiraaji2020-03231.JPG onihiraaji2020-03232.JPG

ロウニンアジの群れはいつもと同じです。

roninnaji2020-0323.JPG

3月23日のポイント

1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューカットからコーナー
4本目 ペリリューコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

カマスイム2020-03

| コメント(0) | トラックバック(0)

イレズミフエダイの放精放卵の終わりが見えてきました。
だんだんと数が減ってきております。隙間ができています。
それでも、まだまだ数はいます。
その隙間から、カマストガリザメがよく見えます。

kamasutogarizame2020-03221.JPG kamasutogarizame2020-03222.JPG kamasutogarizame2020-03223.JPG

カマストガリザメと一緒にスイム、カマスイム2020-03 完成です。

マダラエイが列をなしております。

madaraei2020-0322.JPG

3月22日のポイント

1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューエキスプレス
4本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

イレズミフエダイの放精放卵にブルシャークが大接近です。

bull2020-03211.JPG bullkamasu2020-03212.JPG

イレズミフエダイの放精放卵で魚と魚が激しくぶつかり合う音が
しっかりと聞こえてきます。激しさが伝わります。

kamasutogarizame2020-03211.JPG

3月21日のポイント

1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューカットからコーナー
4本目 イエローウォールからロングエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

イレズミフエダイの放精放卵も佳境です。
そのイレズミフエダイの群れの裏側には、
ブルシャーク、カマストガリザメがうようよしております。

bullkamasu2020-0320.JPG bull2020-0320.JPG

だんだんと数は少なくなっていますが、まだまだ十分な数がいます。

irezumihuedai2020-0320.JPG

3月20日のポイント

1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

真のX DAY

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、2,3発で終わってしまったイレズミフエダイの放精放卵。
本日、ついに 真の X DAYです。

爆発的な放精放卵によってあたりがどんどん白濁してきます。
そのなかには、カマストガリザメが控えています。

kamasutogarizame2020-03191.JPG kamasutogarizame2020-03192.JPG irezumihuedai2020-03191.JPG

ぜひ、動画を見てください。

3月19日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ロングエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

X DAY (イレズミフエダイ放精放卵開始日)を予定していましたが、
2,3発やってからすぐにイエローウォール方面に帰っていきます。

irezumihuedai2020-03181.JPG

赤丸の中に、婚姻色が出ています。

真のX DAYは明日に持ち越しです。

ロウニンアジの群れも元気です。

roninnaji2020-0318.JPG

3月18日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ロングエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

語る必要のない数

| コメント(0) | トラックバック(0)

もう、語ることは一切ありません。
この写真がすべてです。

irezumihuedai2020-03171.JPG irezumihuedai2020-03172.JPG irezumihuedai2020-03173.JPG

感動しかありません。

3月17日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ロングエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

増え続けています。
イエローウォールからペリリューエキスプレスのドロップオフに
帯のように群れています。どこに、エントリーしてもイレズミフエダイいます。

さて、ペリリューコーナーの沖には、ブルシャークがいます。

bull2020-0316.JPG

ロウニンアジの群れの後を追っている感じです。

roninnaji2020-0316.JPG

3月15日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ロングエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

分け入っても、分け入っても、分け入っても
イレズミフエダイの群れが続きます。

すでに、1万匹以上はいるのでは、ないでしょうか。
春の風物詩、完成といった感じです。

irezumihuedai2020-03151.JPG irezumihuedai2020-03152.JPG irezumihuedai2020-03153.JPG 春を感じます。

kudagonnbe2020-0315.JPG monngara2020-0315.JPG shikonnhatatatehaze 2020-0315.JPG

3月15日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ロングエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

先日より数が増えてきています、イレズミフエダイ。
密度が濃くなってきます。

irezumihuedai2020-0314.JPG

ペリリューコーナーの先端にはブラックフィンバラクーダです。

blackfin bara2020-0314.JPG

ロウニンアジの群れは、個々の個体が上空からミサイルのように飛んできます。

ペリリュードロップオフでは、のんびり潜ります。

shikonnhatatatehaze 2020-0314.JPG montsuki2020-0314.JPG

3月14日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 イエローウォール
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

春を告ぐ魚、イレズミフエダイです。

irezumihuedai2020-03131.JPG

黄色と水色のコントラストが本当に綺麗です。
ようやく、ペリリューに春がやってきました。
これから、どんどんと数が増えていくことでしょう。
楽しみです。

irezumihuedai2020-03132.JPG

ロウニンアジの群れは安定です。

roninnaji2020-03131.JPG

3月13日のポイント

1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 イエローウォール
3本目 オレンジビーチ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

バラフエダイの放精放卵、最終日です。
ブルシャークにカマストガリザメもいます。イソマグロもいます。
虎視眈々と、狙っています。

bull2020-03101.JPG bull2020-03102.JPG kamasutogarizame2020-0310.JPG

日中時は、安定してテッパンの流れです。
ロウニンアジの群れ以外には、スマガツオが見れました。

sumakatsuo2020-0310.JPG

3月10日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー 

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

並走バショウカジキ

| コメント(0) | トラックバック(0)

バラフエダイの放精放卵、しっかりと押えます。
ブルシャークもうようよと。4,5匹はいます。

bull2020-03091.JPG bull2020-03092.JPG

あまりにも、放精放卵が激しく、どんどん白濁していき透明度が
落ちていきます。

barafuedai2020-0309.JPG

日中時は、緩いペリリューエキスプレスの流れです。
先端では、その緩いダウンカレントの先には、バショウカジキです。

basho2020-03091.JPG basho2020-03092.JPG

天気も回復し、素晴らしいペリリューです。

3月9日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

雨、止むことを祈る。

| コメント(0) | トラックバック(0)

雨です。日中時も降り続き、肌寒いです。
しっかりと防雨対策をしましょう。

早朝ダイビングは、バラフエダイの放精放卵は、見えますが、雨で暗いために
写真は、非常に難しいです。

そんな中でも、いつもと同じのロウニンアジの群れです。

roninnaji2020-0308.JPG

午後は、ブルーコーナー遠征です。
ナポレオンが寄ってきます。

napo2020-0308.JPG

3月8日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ロングエキスプレス
3本目 ブルーコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

棚上にブルシャーク

| コメント(0) | トラックバック(0)

バラフエダイの放精放卵が始まりました。
日の出とともにエントリーです。バラフエダイがペリリューコーナーの先端で
うごめいています。

沖ではなく、棚上に、ブルシャークです。

bull2020-03071.JPG bull2020-03072.JPG bull2020-03073.JPG

この体幹の大きさには、逞しさを感じます。

3月6日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ペリリューカットからコーナーで、ギンガメアジの群れの数が増えています。
ペリリューコーナーの見どころは、ロウニンアジの群れですが、
このギンガメアジの数の多さ、動きをよく見てください。
ワクワクします。ユーチューブを見てください。

そして、ブルシャークもペリリューの見どころです。

bull2020-03061.JPG

ダウンカレントの泡綺麗。

down2020-0306.JPG

マイブームは、ペリリューコーナー先端のミカドウミウシです。

mikado2020-0306.JPG

3月6日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 オレンジビーチ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

いつもと同じが大事

| コメント(0) | トラックバック(0)

いつものテッパンの流れ、いつものロウニンアジの群れ。
いつもと同じ、毎日、同じ群れ見れるのが大事と思っております。
そして、満月に向けて、バラフエダイの群れです。

barafuedai2020-0305.JPG

ペリリューコーナーの先端には、びっくり、ミカドウミウシがいました。
大きさに注目。一緒に写っている、ミゾレチョウチョウウオと比べてみましょう。
大きな赤ちゃんほどの大きさです。

mikado2020-0305.JPG

3月5日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

今日もテッパン

| コメント(0) | トラックバック(0)

午後から天気が崩れてきました。
なんとか天気が悪くなる前に潜り終えてよかったです。
雨が降ると、寒く、海の中が暗くなりますからね。

本日もペリリューコーナーは、快調です。
安定してテッパンの流れです。安心してロウニンアジの群れを狙えます。

roninnaji2020-0304.JPG

3月4日のポイント

1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

テッパンはいいね!

| コメント(0) | トラックバック(0)

風もやみ、雲一つなく快晴です。
ダイビング日和ですね。

ペリリューコーナーも通常の流れに戻って、テッパンの流れです。
ロウニンアジの群れも簡単にアプローチできます。

roninnaji2020-0303.JPG himeitomakiei2020-0303.JPG sikonnhatatatehaze2020-0303.JPG

3月3日のポイント

1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

いつもと違う流れ

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日もペリリューコーナーを専門に潜っています。
天気も晴れ、風が強かった先週と違って、穏やかな時間が流れています。

海の中は、流れがコロコロ変わり、流れの向きが通常とは、違っています。
エントリーは、ペリリューコーナーの先端です。
ここは流れていませんが、カットへ進みましょう。
加速していきます。カットの沖で、非常に強いダウンカレントです。

ロウニンアジの群れも、流れが違う場所でも、基本は一緒。
今日も、群れの中へ突撃です。

roninnaji2020-03021.JPG roninnaji2020-03022.JPG

3月2日のポイント

1本目 ペリリューコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

今日もペリリューコーナーを専門に潜っています。
ロウニンアジの群れも、いつもの場所です。
流れによっている場所が変わるので、
素直にその場所に行けば、いいだけです。

roninnaji2020-03011.JPG roninnaji2020-03012.JPG

ようやく、北東の風も収まりつつあります。

ペリリューは平和です。

3月1日のポイント

1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン
上へ

ブログの最新記事

写真一覧

最新のコメント