満月過ぎても、ロウニンアジの群れは、元気です。
1000匹以上はいるのではないでしょうか。

roninnaji2020-01121.JPG roninnaji2020-01122.JPG

並走は、楽しみです。
己のフィンキックで、ロウニンアジの泳ぎに負けぬよう泳ぎます。

1月12日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

バラフエダイの放精放卵も、本日が最後です。

barafuedai2020-01111.JPG barafuedai2020-01112.JPG

また、来月に期待しましょう。
ブルシャーク、カマストガリザメといました。

日中は、ロウニンアジの群れに一直線です。

roninnaji2020-0111.JPG

群れの中は気持ちいい!!!

1月11日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ダウンカレントも一流

| コメント(0) | トラックバック(0)

バラフエダイの放精放卵では、カマストガリザメが群れの中から
バラフエダイに捕食をかけます。
一気に群れが割れ、迫力の大きさを物語ります。

ダウンカレントも一流です。

down 2020-0110.JPG

動画もご覧くださいませ。

1月10日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

イルカの声と共に泳ぐ

| コメント(0) | トラックバック(0)

ようやく、本当にようやく、うねりも取れ、海況が安定してきました。
早朝ダイビングは、バラフエダイの放精放卵が始まりましたが、
ブルシャークは、お預けです。
エキジットの際には、沖に泳ぐとハシナガイルカの群れです。

hashinagairuka2020-01091.JPG hashinagairuka2020-01092.JPG

潜っている際から、ハシナガイルカの声がずっと響いてましたからね。

1月9日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

年末から続いている風がようやく、本当にようやく収まりつつあります。
非常に厳しいペリリューコーナーを潜る戦いでした。

本日も安定して、ペリリューエキスプレスの流れです。
かなり早いです。その流れからロウニンアジの群れも避難してきて
いつもと違う場所にいます。

roninnaji2020-01071.jpg

先端に追い込みたいのですが、流れが早すぎてペリリューカットに
戻ってしまいます。でも、ここでも湧き上がってくりし、真正面に
ロウニンアジの群れを堪能できます。

roninnaji2020-01072.jpg

1月7日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

この強い東風はいつまで続くのでしょうか。
ずーとずーっと、風が強い中、流れの向きと風向きが
一致するタイミングを見計らって、ペリリューコーナーを潜っています。

流れが早いからでしょう、ロウニンアジの群れはペリリューカット付近に
流れから逃げてきている感じがします。

roninnaji2020-01061.jpg roninnaji2020-01062.jpg

そのロウニンアジの群れの沖には、マダラトビエイがいます。
泳ぎが優雅です。

madaratobiei2020-0106.jpg

1月6日のポイント

1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 オレンジビーチ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

うねりは残る

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日より、風が若干止みましたが、うねりは残っています。
ペリリューカット付近のうねりが取れません。

そんな海況の中ですが、ペリリューコーナーのロウニンアジの群れに
大きなブルシャークがついています。

bull2020-0103.jpg roninnaji2020-0103.jpg

ペリリューカットには、ブルックフィンバラクーダもいます。

blackfinbara2020-0103.jpg

1月3日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

流れ次第で、ペリリューコーナーが潜れる感じです。
流れの向きと、風向きが一緒なことが条件です。
また、ペリリューカットには、大きなうねりが当たっておりエントリーには
一苦労です。

冷たい水が上がってきているからでしょう、ミカヅキツバメウオがいます。

mikadukitsubameuo2020-0102.jpg roninnaji2020-0102.jpg

ペリリューコーナーが潜れない場合は、ウォールダイビングです。
壁を流しましょう。

himeitomakieki2020-0102.jpg

ヒメイトマキエイです。これはツイてます。

1月2日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 デベット
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン
上へ

ブログの最新記事

写真一覧

最新のコメント