X DAY 2019-03

| コメント(0) | トラックバック(0)

X DAY 2019.03です。
イレズミフエダイの放精放卵が始まりました。

その放精放卵に誘われて、ブルシャークも登場です。

bull2019-03301.jpg

その大きさ、圧巻です。

そして、安全停止中では、カジキ登場。

kajiki2019-0330.jpg

これぞ、ペリリューです。

3月30日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

前夜

| コメント(0) | トラックバック(0)

X DAY 前夜です。
群れが盛り上がってきています。

irezumifuedai2019-03291.jpg

かき分けても、かき分けても、まだ群れが続きます。
イキそうでいかない。イレズミフエダイの婚姻色がしっかりとでています。

irezumifuedai2019-03292.jpg

珍しく、マンタがペリリューエキスプレスを通過していきます。

manta2019-0329.jpg

3月29日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

まだかなまだかな

| コメント(0) | トラックバック(0)

イレズミフエダイの放精放卵が始まるかなと。。。。
いや、まだ始まりません。その時を待ちましょう。

irezumifuedai2019-0328.jpg

ようやく流れが変わってくる兆しがみられてきました。
久しぶりにペリリューエキスプレスの流れが入ってきています。
この流れに合わせて、イレズミフエダイの放精放卵が始まることを
祈りましょう。

ペリリューカットには、巨大ハタ、タマカイがいます。
先端には、空飛ぶマダラエイです。

madaraei2019-0328.jpg

3月28日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ロングエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

早朝ダイビングです。
すでに、ペリリューエキスプレスにイレズミフエダイが集結。
その群れをかき分けて、ダイビングします。

よく見るといつもと色の違うサメがいます。

remonshark2019-03271.jpg remonshark2019-03272.jpg

レモンシャークです。
去年もイレズミフエダイの群れの中から出てきた記憶があります。

もちろん、ブルシャークもいます。

bull2019-0327.jpg

この大きな体幹には、何回見ても惚れ惚れします。

3月27日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス 1本目 ロングエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

イレズミ大集結

| コメント(0) | トラックバック(0)

イレズミ大集結です。

irezumifuedai2019-03262.jpg

一面を覆い尽くすこの量です。
ただし、婚姻色はまだ見られません。
放精放卵が始まるのはまだ先だろうかと思われます。

irezumifuedai2019-03261.jpg

そして、ペリリューコーナーは相変わらずのブン流れ。
まるで、河のようです。
いや、ペリリューカットを高くして、エキスプレスを低くして
滝が流れるかのようです。

その中に、きちんとロウニンアジの群れはいます。

rouninnaji2019-0326jpg.jpg

沖では、グリーンマンタです。

himeitomakiei2019-0326.jpg

3月26日のポイント

1本目 ロングエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

空飛ぶブルシャーク

| コメント(0) | トラックバック(0)

同じ場所にブルシャークがいます。
その場所めがけ、ダイビングです。

いるとわかっていても、やはりこの体幹には、驚き、声が漏れます。
そして、本日は、ブルが飛んでいます。
棚上で、中層を泳いでいます。

bull2019-0323.jpg

ロウニンアジの群れは、強烈な流れの際にしっかりと群れています。

rouninnaji2019-03231jpg.jpg rouninnaji2019-03232jpg.jpg

そして、次のイベント、イレズミフエダイの群れは1000匹ほど群れています。

irezumifuedai2019-03231.jpg irezumifuedai2019-03232.jpg

3月23日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 イエローウォール
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

メリハリを

| コメント(0) | トラックバック(0)

安定してペリリューカットからコーナーの流れが続いております。
ロウニンアジの群れにどのようにアプローチするのか。
とにかく、群れを割らないにゆっくり進むときは、ゆっくり。
群れに逃げられないよう、追うときは追うとメリハリが大事です。

rouninnaji2019-03221jpg.jpg rouninnaji2019-03222jpg.jpg

そして、棚上で、ブルシャークです。
後ろ姿でも、わかるその体幹の太さ。たまりません。

bull2019-03221.jpg bull2019-03222.jpg

3月22日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

満月のバラフエダイの放精放卵のイベントも本日が
ラストになります。流れは、早いのですが、前日までの流れに比べれば
いや、それでも早いです。

bull2019-03211.jpg

放精放卵に夢中のバラフエダイの群れにブルシャークです。
棚外からエッジに何度も近づきます。

きついダウンカレントを抜けてエキジットです。

日中時は、穏やかな流れです。
ブラックフィンバラクーダから始まり、バラフエダイ、ギンガメアジ、
そして、棚上ブルシャークです。

bull2019-03212.jpg bull2019-03213.jpg

沖には、グリーンマンタです。

himeitomakiei2019-0321.jpg

3月21日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューカットからコーナー
サンセット ジャーマンチャネル

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

尋常ではない流れが続く早朝ダイビングです。
なんとか先端にたどり着く、この状況。
バラフエダイも必死です。
流されぬよう、棚上にひらっべたく張り付いています。
一瞬だけ、放精放卵のため、上空に飛びますが一気に流されます。

そんな流れが、ようやく止んできた午後、奴はやってきました。

jinbei2019-03201.jpg

ジンベエザメです。
ロウニンアジの群れを引き裂き、上空です。

jinbei2019-03202.jpg jinbei2019-03203.jpg

その後、ロウニンアジも一気に上空へ湧き上がります。

rouninnaji2019-0320jpg.jpg

3月20日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

尋常ではない、とてつもない流れがペリリューに当たっています。
干満の差ではなく、大きな潮が当たっている感じです。

down2019-0319.jpg

ダウンカレントも1流のがやってきます。
大きな洗濯機です。

ロウニンアジの群れもさすがに、その流れが嫌なようです。
流れが始まる際に、控えています。

rouninnaji2019-0319jpg.jpg

そんな中、ブルシャークは、棚上で優雅に泳いでいます。

bull2019-03191.jpg bull2019-0319.jpg

3月19日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

すぐに戻る流れ

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日の流れのない日は、休憩日だったようです。
また、本日から、きちんと流れております。

満月に向けてどんどん増えております、バラフエダイの群れ。

barafuedai2019-03182.jpg

上空を覆い尽くすかの量になってきました。

barafuedai2019-03181.jpg

ロウニンアジの群れは、潮の裏から攻めましょう。
エントリーしてすぐにいます。

rouninnaji2019-0318jpg.jpg

もっともっと先端まで追い込みたいのですが、流れが早すぎるので
ここまでです。明日、もっと頑張りましょう。

3月18日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

あの流れはいずこへ。。。。 あの昨日まで、いや早朝ダイビングまで、荒れ狂ったかのような流れが 日中時は、一切なくなってしまいました。

早朝ダイビングは、ここは河かと思うほどの激流。 潮裏から攻めて、ロウニンアジの群れを狙います。

rouninnaji2019-0317jpg.jpg

日中時は、無です。流れなし。 こういうこともあります。

ギンガメアジの数がものすごく増えています。

gingameaji2019-0317.jpg

そして、バラフエダイが満月に向けて増えてきています。

barafuedai2019-0317.jpg

3月17日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

テッパンではなく

| コメント(0) | トラックバック(0)

安定して、ペリリューカットからコーナーの流れが続いています。
テッパンの流れでは、ありません。
手堅くロウニンアジの群れを見るのではなく、
苦労をしてロウニンアジの群れを探し当てましょう。

いや、どこにいるのはわかっています。
ただアプローチが難しいのです。

しかし、ここまで寄りますよ。

rouninnaji2019-03161jpg.jpg rouninnaji2019-03162jpg.jpg

真正面に、この密度のロウニンアジの群れ。大好きです。

また、沖には、ツムブリの群れがものすごい数います。

tsumuburi2019-0316.jpg

3月16日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ダウンカレントと遊ぶ

| コメント(0) | トラックバック(0)

風が強い日が続いておりますが、ペリリュー潜れております。
この頃は、3日晴れて、1日雨みたいな感じが続いております。
毎日、晴れてほしいですが、水不足にならないように多少の雨は必要です。

流れは、ペリリューカットからコーナーです。
強さは、ほどよくとでも言いましょうか。

沖にはツムブリの群れが滞留しております。

tsumuburi2019-0315.jpg

その群れがペリリューカットに紛れ込み、ギンガメアジの群れと混じります。
そして、その群れの下には、カツオの群れです。

ロウニンアジの群れは、先端でダウンカレントと遊んでいる感じです。

rouninnaji2019-0315jpg.jpg

洗濯機ほどではありませんが、渦を巻いているダウンカレントを抜け
本日は無事に終了です。

3月15日のポイント

1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 オレンジビーチ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

いつ勝負をかけますか

| コメント(0) | トラックバック(0)

北東の風が強く、流れがカットからコーナーの流れです。
ものすごく波立っております。怒り狂ったかのようです。
このような状況の時には、無理しないのは、当然。

久しぶりに、ペリリュードロップ、オレンジビーチを潜ります。
のんびり潜れます。ペリリューコーナーは常にアクションダイブですが、
ようやく、ダイビングという感じです。

今年は水温が若干低めですので、イソマグロが活発に
ドロップオフを通過していきます。

そして、チャンスは午後に来ます。
流れが変わります。テッパンの流れです。

rouninnaji2019-0306jpg.jpg bull2019-0306.jpg

ロウニンアジとダウンカレント、ブルシャークのアクションダイビングです。

そして、サンセットでジャーマンチャネルに行きます。
この頃、よく、トラフザメを見ます。

torafuzame2019-03061.jpg torafuzame2019-03062.jpg

つぶらな瞳、好きです。

3月6日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリュードロップオフ
2本目 オレンジビーチ
3本目 ペリリューカットからコーナー
サンセット ジャーマンチャネル

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

棚上ブルシャークの影

| コメント(0) | トラックバック(0)

どんよりです。
東風が強い影響でしょうか。白濁りして水温は27度。
このどんよりした中から出てくるのは、

bull2019-0305.jpg

ブルシャークです。
棚上での遭遇は、ブルシャークの影が見えるので、素敵です。
ENDO岩付近です。

日中時は、一時ペリリューカットからコーナーの流れになりましたが
ロウニンアジの群れは、安定してペリリューコーナーの上になります。

rouninnaji2019-0305jpg.jpg

アジの王様、ロウニンアジの群れ最高です。

3月5日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

新月が近づき、カスミアジの群れが見られるようになってきました。

kasumiaji2019-0304.jpg kasumiaji2019-03042.jpg

イエローウォールの棚上には、1000匹以上の群れがいます。
そして、今回は、春を告げるのに、数が少ないイレズミフエダイですが、
集めれば、こんな感じです。

irezumifuedai2019-0304.jpg

改めて見ると、黄色と水色のコントラストが非常にきれいです。

ロウニンアジの群れは、新月周りにしては、数が多いです。

rouninnaji2019-0304jpg.jpg

3月4日のポイント

1本目 イエローウォール
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン
上へ

ブログの最新記事

  • X DAY 2019-03

    X DAY 2019-03

    X DAY 2019.03です。 イレズミフエダイの放精放卵が始まりました。 そ...

  • 前夜

    前夜

    X DAY 前夜です。 群れが盛り上がってきています。 かき分けても、かき分けて...

  • まだかなまだかな

    まだかなまだかな

    イレズミフエダイの放精放卵が始まるかなと。。。。 いや、まだ始まりません。その時...

  • レモンとブルとイレズミフエダイ

    レモンとブルとイレズミフエダイ

    早朝ダイビングです。 すでに、ペリリューエキスプレスにイレズミフエダイが集結。 ...

  • イレズミ大集結

    イレズミ大集結

    イレズミ大集結です。 一面を覆い尽くすこの量です。 ただし、婚姻色はまだ見られま...

  • 空飛ぶブルシャーク

    空飛ぶブルシャーク

    同じ場所にブルシャークがいます。 その場所めがけ、ダイビングです。 いるとわかっ...

  • メリハリを

    メリハリを

    安定してペリリューカットからコーナーの流れが続いております。 ロウニンアジの群れ...

  • 棚上ブルシャークと並走

    棚上ブルシャークと並走

    満月のバラフエダイの放精放卵のイベントも本日が ラストになります。流れは、早いの...

  • 来たよジンベエザメ!!!!

    来たよジンベエザメ!!!!

    尋常ではない流れが続く早朝ダイビングです。 なんとか先端にたどり着く、この状況。...

  • 尋常ではない、とてつもない流れ

    尋常ではない、とてつもない流れ

    尋常ではない、とてつもない流れがペリリューに当たっています。 干満の差ではなく、...

写真一覧

最新のコメント