昨日と同じく、まだまだ流れ過ぎておるペリリューですが、
早朝ダイビングの時間帯が、おススメのようです。
若干、流れが緩くなるようです。

そのチャンスを逃さずに潜ります。
先端ま、ロウニンアジの群れを探しますが、一瞬に見えて、あっという間に
深場に逃げられてしまします。

あぁ、、、逃げられた。。。
と落胆。。。。まぁ適当に浮上と思っていたら、
足元から、

roninnaji2018-03243.jpg

一気に湧き上がってきます。
そう、そうこの瞬間、この瞬間のために潜っております。
ロウニンアジの群れがわきがってくるこの時に、同じく我々ダイバーも
アドレナリンが一気に出てきます。

roninnaji2018-0324.jpg roninnaji2018-03242.jpg

群れの中って幸せ!!!

3月24日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

一筋の光

| コメント(0) | トラックバック(0)

厳しい戦いが続いておりますが、
その戦いに、一筋の光が見えてきました。

早朝だけ、ペリリューエキスプレスの流れが入ってきております。
その一筋の光を頼りに潜ります。

ペリリューカットからエントリーです。
エッジを進むと、ペリリューエキスプレスの流れが入ってきたところから
ロウニンアジの群れが待ち受けています。
ずーーっと棚の上を、ロウニンアジと並走です。

roninnaji2018-0323.jpg

幸せ、本当に幸せです。

日中時は、どんどんカットからコーナーの流れが強くなる中、
ペリリューコーナーの先端への直接エントリーです。

ブン流れ!!!!叩きつけられる流れ!!!!
我々ダイバーの吐いた泡がどんどんと沈んでいきます。
その中から、突然のブルシャーク登場。

やはり逞しいです。

3月23日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからエキスプレス
3本目 ペリリューコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

必死です。

| コメント(0) | トラックバック(0)

チャンスは、早朝にあり。
日中時は、カットからコーナーの流れが強すぎて強すぎて
ずーーーっとガイド泣かせの流れです。

その早朝ダイビングは、微妙なエキスプレスからの流れです。
その微妙な流れにチャンスをかけましょう。

エキスプレスを流します。
流します。流します。先端までたどり着きそうです。
その時に、先端の棚上からまた、エキスプレスに
戻ろうとしている途中のロウニンアジの群れに遭遇です。

必死に泳いで追いかけます。

roninnaji2018-0322.jpg

ようやくにロウニンアジの群れGETです。

厳しい戦いが続きそうです。

3月22日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

麻痺しそう

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日、毎日よく流れております。
こうも毎日、このきつい流れが続くと、ペリリューコーナーでは、
感覚が麻痺してきそうです。

軽いダウンカレントだなと思っていますが、実は、ほかのポイントでは
かなりきついダウンカレントだったりします。

安全管理は麻痺しないよう、気を付けたいものです。

さて、そんな流れの中、ロウニンアジの群れは健在です。
テッパンの流れには、かないませんが
一応、見ることは可能です。

roninnaji2018-0321.jpg

さぁ明日も頑張って、ロウニンアジの群れを狙っていきましょう

3月21日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

よく流れる海です。
そんなことは、十分に知っては、いたはずですが、
何かそれ以上に、流れているんです。

早朝ダイビングのみ、ゆっくり流れ
それ以外は、すべて、砂嵐が舞うような流れです。
尋常ではない流れが続いております。

その流れから真っ向勝負するのが、ペリリューカットからコーナー
その流れから身を隠して裏を突くのが、ペリリューエキスプレス
どのように攻めるか、これがポイント!

ロウニンアジの群れは、満月に向けて大きくなっておりますが、
居場所が定まらないようです。

やはり流れが早すぎるようです。

roninnaji2018-0320.jpg

なんとか寄れてここまでです。
群れの中には、入れない。。。。
明日は、頑張ろう。

水温が下がっているので、ミカヅキツバメウオは上がってきております。

mikadsukitsubameuo2018-0320.jpg

3月20日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

すぐに戻ってきた流れ

| コメント(0) | トラックバック(0)

尋常ではない流れの終わりが見えてきたと先日、言いましたが
あっという間にこの流れが戻ってきました。

まずは、この動画を見てください。

あまりにも流れが早すぎるので、棚の上では、砂嵐が発生。
本当に流れが早すぎます。

ロウニンアジの群れは、早すぎてどっかに非難しているようです。

代わりにツムブリガペリリューコーナー先端で待っていてくれます。

tsumuburi2018-03191.jpg

その先には、ブルシャークがいましたが
写真なし。残念です。

流れは、ほどほどがいいですね。

3月19日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューコーナー
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

やはり流れは味方

| コメント(0) | トラックバック(0)

尋常ではない流れの終わりがようやく見えてきました。
段々と、弱くなってくる流れ、、、これはロウニンアジの群れが
難しくなるということです。

流れてのなんぼのペリリューです。かかってこい流れ!!!

その中、必死にロウニンアジの群れを探します。

roninnaji2018-0318.jpg

ここまで泳いで寄れたのは、ここまで
群れの中には、入れず。。。

流れに味方してくれるまで待ちましょう。

ペリリューコーナーの先端では、20、30匹のグレイリーフシャークが
群れています。

same2018-0318.jpg

この群れのどこかにブルシャークがいるはず。
明日も頑張って潜りましょう。

3月18日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューコーナー
2本目 ペリリューコーナー
3本目 ペリリューコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

尋常ではない流れが続いております。
川?いや、河のようです。

その流れが冷たい水を運んできてくれます。

超狙ったダイビング、ダイビング時間は15分です。
この短い時間にすべてをかけて潜ります。

エントリーしてあーーーーっという間に先端です。
ものすごい流れが当たっているのでエッジに身を隠して
必死に必死にその流れに耐えます。

目の前では、ロウニンアジが捕食をかけ、真っ黒に変色しております。
その興奮が伝わったのでしょうか。
深場からブルシャーク登場です。

bull2018-0317.jpg

それも3匹!!!
目の前で並走です。

そして、新月周りで増えるオニヒラアジの群れも通過です。

onihiraaji2018-0317.jpg

大興奮です。

3月17日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューコーナー
2本目 ペリリューコーナー
3本目 ペリリューコーナー

本日もお疲れ様でした。

ライン

そして、イレズミフエダイは、いなくなった。
この時がやってきました。
イレズミフエダイの群れは、来月にお会いするでしょう。

ロウニンアジの群れを狙ってのダイビングになります。
流れは、この頃ずーーーーーーっとペリリューカットからコーナーの流れです。

ロウニンアジの群れを見るには、難しい流れですが、
うまく潮の裏からエントリーして進めば大丈夫。

まずは、エントリーしてすぐにブラックフィンバラクーダの群れです。

barakuda2018-0316.jpg

そのあとぐらいからエッジに身を隠して進めば

roninnaji2018-0316.jpg

ロウニンアジの群れ登場です。
流れは、超一流!!!!

down2018-0316.jpg

目の前には、砂嵐もやってきます。
ダウンカレントに気を付けましょう。

3月16日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

イレズミフエダイの放精放卵に勢いがなくなってきました。
数も激減です。ペリリューエキスプレスでの放精放卵は、
終了に向かいつつあります。

その中、カマストガリザメは、まだまだ攻撃を仕掛けています。

kamasu2018-0315.jpg

ペリリューエキスプレスには、数が減ってしまったイレズミフエダイですが、
イエローウォールには、婚姻色の出ていない個体が、まだまだいます。
1万匹は、います。

irezumifuedai2018-0315.jpg

婚姻色が出ていないので、このまま解散式だと思われます。
また、来月ね。ばいばーい。

3月15日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 イエローウォール
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

イレズミフエダイの群れの減少が始まりました。
新月までには、1匹もいなくなると思うとさびしいものがあります。

放精放卵にカマストガリザメが何度も攻撃を仕掛けています。
胸鰭を下に、加速して攻撃です。

kamasu2018-03142.jpg kamasu2018-03141.jpg

その際には、群れが一気に動きます。

今は、こんな数いるのに。。。。

irezumifuedai2018-0314.jpg

3月14日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

イレズミフエダイの放精放卵が佳境を迎えつつあります。
ペリリューエキスプレス、コーナーにてカマストガリザメからの
アタック捕食、に耐えつつ、次の子孫のために
力を振り絞り、放精放卵を行います。

kamasu2018-03131.jpg kamasu2018-03132.jpg

なんか、感動してきます。

イレズミフエダイとイレズミフエダイのぶつかる音も
しっかりと聞こえます。まるで水の沸騰するような音です。

irezumifuedai2018-0313.jpg

途中、イレズミフエダイの群れの中に、ロウニンアジの群れも混ざり合う
カオスの状況です。

がんばれイレズミフエダイ!!!

3月13日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

スイッチ全開

| コメント(0) | トラックバック(0)

イレズミフエダイの放精放卵の激しさが増してきています。
その激しさに、カマストガリザメもかなり興奮して捕食モードです。

kamasu2018-0312.jpg

胸鰭が下がり、いつ捕食してもと、、、、考えていたら
目の前で、イレズミフエダイをぱくりと。。。。
大迫力です。

放精放卵モードのときは、イレズミフエダイは、逃げないので
ぎりぎりまで寄ることができます。

irezumifuedai2018-0312.jpg

画面いっぱい!!
婚姻色がはっきりとわかります。
イレズミフエダイもやる気モード、全開です。

3月12日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

X DAY 2018.03 です。
イレズミフエダイの放精放卵が始まりました。

イレズミフエダイの群れの放精放卵をやっているその裏です。
その裏を狙いましょう。

kamasu2018-03112.jpg

カマストガリザメです。
5,6匹は、捕食に来ています。

kamasu2018-0311.jpg

エッジ沿いには、レモンシャークも!

日中時は、休憩処のイエローウォールに戻っていきます。

我々は、水温が下がっているペリリューコーナーの先端を狙います。
狙いは、

bull2018-03111.jpg

逞しき愛しいブルシャーク。

bull2018-03112.jpg

この頃3匹ぐらいは、住み着いています。
この迫力のあるダイビングは、やめられません。

3月11日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 イエローウォール
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。

ライン

もうすぐX 2018.03

| コメント(0) | トラックバック(0)

イレズミフエダイの数は、あっという間に
1万匹以上に膨れ上がっています。

そして、もうすぐX DAYを迎えそうです。
本日の早朝ダイビングでは、婚姻色が出ています。
先走ってしまった個体のみ、放精放卵をしてしまい、
一斉に放精放卵でなかったので、白濁せず、という感じです。

irezumifuedai2018-03102.jpg

明日のX DAYが楽しみです。

日中時は、イエローウォールにて、皆で固まって休憩中です。

irezumifuedai2018-03101.jpg

ペリリューコーナー先端では、写真はありませんが
ブルシャークが旋回していましたよ。

3月10日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 イエローウォール
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

春を告げに来る魚

| コメント(0) | トラックバック(0)

満月過ぎて、この時期がやってきました。

irezumifuedai2018-0305.jpg

イレズミフエダイです。数は、200~300匹ほどですが、
ペリリューに春を告げにやってきました。

淡い黄色と青色のコントラストが本当に素敵です。

そして、2012年に台風が襲った後、ペリリュー島の東側のポイント、
イエローウォールは壊滅でしたが、ここまで回復してきました。

isobana2018-0305.jpg

自然は素晴らしいです。

ペリリューコーナーでは、ブルシャークのいる位置が固定してきました。

bull2018-0305.jpg

いつも同じ場所。こりゃ狙えます。

ペリリューカット沖には、ブラックフィンバラクーダです。

barakuda2018-0305.jpg

3月5日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 イエローウォール
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

さらに深し

| コメント(0) | トラックバック(0)

ブルシャークはいつもの場所に、、、、言いたいのですが、
本日は、そのいつもの場所のさらに深場です。

さすがに深すぎるので、写真はなく、目視ですが、
3個体が一緒になって、旋回しています。

いや、いや、写真に収めたいです。

そのブルシャークの上には、ロウニンアジの群れが構えております。
ロウニンアジの群れがいた場合には、その群れに興奮せずに
その裏、下を注視ですね。

roninnaji2018-0304.jpg roninnaji2018-03042.jpg

3月4日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ブルはいつもの場所に

| コメント(0) | トラックバック(0)

満月過ぎて、多数のお客様もお帰りになり、
のんびりOMZです。

キャンベックで、早朝ダイビング前、東の空がものすごいことになっています。

asa2018-0303.jpg

真っ赤です。
朝焼けをじっくりと堪能です。

ダイビングは、満月過ぎても十分な数のロウニンアジの群れです。

roninnaji2018-0303.jpg

そのロウニンアジの群れの背後に陣取っているのは、

bull2018-0303.jpg

ブルシャークです。
この頃、いつもの場所に居ついております。

3月3日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

戦術ダイブ

| コメント(0) | トラックバック(0)

バラフエダイの放精放卵は、昨日よりも数は少なくなっていましたが、
ペリリューコーナーの先端で、流れに向かって勢いよく行っています。

日中時は、流れが緩やかになってきたので
ペリリューエキスプレスから流します。

ペリリューコーナーの先端手前に陣取っているかな。。。と思って
ロウニン探しを始めますが、まさかの後方に出現です。

うまく回り込んで、ロウニンアジの群れを足元に追い込みつつ、
そして、先端付近へと再度追い込みます。

この戦術ダイブがうまくいったときは、楽しいですね。
ずーっとロウニンアジの群れと並走です。

そして、午後のダイビングは、ブル狙いで、
ペリリューカットからエントリーします。
バラフエダイの群れを追い込みつつ、ロウニンアジの群れも追い込みつつ
こんな時に、足元に大きな塊です。

bull2018-03021.jpg bull2018-03022.jpg

この体幹、たまりませんな。

3月2日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

今か今かと

| コメント(0) | トラックバック(0)

バラフエダイの放精放卵が佳境です。
先端にて、ものすごい数の量のバラフエダイが今か、今かと
渦を作り、群れています。

先端では、潮見の時に感じなかった深場にもっていかれる流れが
半端ありません。

その流れからバラフエダイの群れも逃げて放精放卵も
始まります。

その放精放卵の隙間から逞しき体のブルが見え隠れします。

bull2018-03011.jpg

右から来ると、今度は、違う個体が左からと大忙しです。

bull2018-03012.jpg barafuedai2018-0301.jpg

ロウニンアジの群れは、真正面からです。

roninnaji2018-0301.jpg

3月1日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

放精放卵始まりました

| コメント(0) | トラックバック(0)

バラフエダイの放精放卵が始まりました。

barafuedai2018-0228.jpg

何千というバラフエダイの群れが己の子孫を残そうとして
必死になります。その必死さの隙を突くかのように、さらに大物を呼びます。

bull2018-0228.jpg

ブルシャークです。
この逞しいカラダでバラフエダイの群れを狙っております。

日中時は、テッパンの流れが続いております。
棚の上は、ものすごく流れ、棚外に向かってダウンカレントが始まります。

down2018-0228.jpg

ロウニンアジの群れに興奮しすぎて、ダウンカレントに捕まらぬよう
気を付けましょう。

2月28日のポイント

早朝 ペリリューカット
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン
上へ

ブログの最新記事

  • 群れの中って幸せ!!!

    群れの中って幸せ!!!

    昨日と同じく、まだまだ流れ過ぎておるペリリューですが、 早朝ダイビングの時間帯が...

  • 一筋の光

    一筋の光

    厳しい戦いが続いておりますが、 その戦いに、一筋の光が見えてきました。 早朝だけ...

  • 必死です。

    必死です。

    チャンスは、早朝にあり。 日中時は、カットからコーナーの流れが強すぎて強すぎて ...

  • 麻痺しそう

    麻痺しそう

    毎日、毎日よく流れております。 こうも毎日、このきつい流れが続くと、ペリリューコ...

  • どのように攻めるか!?

    どのように攻めるか!?

    よく流れる海です。 そんなことは、十分に知っては、いたはずですが、 何かそれ以上...

  • すぐに戻ってきた流れ

    すぐに戻ってきた流れ

    尋常ではない流れの終わりが見えてきたと先日、言いましたが あっという間にこの流れ...

  • やはり流れは味方

    やはり流れは味方

    尋常ではない流れの終わりがようやく見えてきました。 段々と、弱くなってくる流れ、...

  • 尋常ではない流れにブル3つ

    尋常ではない流れにブル3つ

    尋常ではない流れが続いております。 川?いや、河のようです。 その流れが冷たい水...

  • そしていなくなってロウニンアジ探しへ

    そしていなくなってロウニンアジ探しへ

    そして、イレズミフエダイは、いなくなった。 この時がやってきました。 イレズミフ...

  • また、来月ね。ばいばーい

    また、来月ね。ばいばーい

    イレズミフエダイの放精放卵に勢いがなくなってきました。 数も激減です。ペリリュー...

写真一覧

最新のコメント