さぁバラフエダイの放精放卵が始まりました。
一緒にブルシャークも出てきています。
やはり、ブルシャークも我々ダイバーと一緒に
バラフエダイの放精放卵を狙っているのでしょう。

barafuedai2018-0130.jpg

本日の放精放卵は、群れの半分ぐらいは、放精放卵が始まったと同時に
ペリリューカットの方面へ帰っています。

日中時は、ロウニン三昧です。

roninnaji2018-0130.jpg

ロウニンアジの群れ以外にも、バラフエダイ、ギンガメアジなど群れたくさん。
いい海です。

1月30日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

満月が近づいてきました。
ペリリューカットに、非常に多くのバラフエダイの群れが集結してきています。

barafuedai2018-0129.jpg

そろそろ放精放卵の準備を始めてくることでしょう。

そして、ロウニンアジの群れの数も明らかに増えているのがわかります。 roninnaji2018-0129.jpg roninnaji2018-01292.jpg

一面を覆うロウニンアジの群れです。
ロウニンアジの群れから覆いかぶさってくる感じです。

この後には、きついダウンカレントが待っているので、最新の注意をしましょう。

1月29日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ぎりぎりまで追う

| コメント(0) | トラックバック(0)

やっぱりロウニンアジの群れが好き。
本日は、ロウニンアジの群れを狙いましょう。

もう少し流れてくれると、テッパンの流れですが、エキスプレスから
流れは、来ています。

満月も近づいてきているので、ペリリューカットには、
バラフエダイの群れが集まりかけています。

その群れを見てから先端へと進みます。
我々ダイバーの吐いた泡が横に流れ始めると同時に
ロウニンアジの群れが出ます。

流れが若干足りないので、どんどん逃げられますが、
ぎりぎりまで追うと、一気に反転してこっちに向かいます。

roninnaji2018-0128.jpg

これが勝負ですね。

1月28日のポイント

1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

妖艶と気品

| コメント(0) | トラックバック(0)

マクロな日、こんな日もあります。
お客様がお一人。そして、マクロレンズをもっている。
久しぶりに、マクロ三昧しましょう。

水深35メートル付近に、幼魚を含むマルチカラーエンジェルフィッシュが
2個体います。

maruchi2018-0127.jpg

上部の白色に、下部のきれいなグラデーションがかわいさを
引き立てます。

そして、ヘルフリッチは、この紫色から気品の高さを感じます。

heruhuricchi2018-0127.jpg

そして、浅いところの穴倉に入っていくと、
妖艶なハゼ、アオベニハゼです。

aobenihaze2018-0127.jpg

ねっちりマクロをしてきました。

1月27日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 アンティアス#2
2本目 アンティアス#2
3本目 アンティアス#2

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

冬だから

| コメント(0) | トラックバック(0)

久しぶりのゲメリス遠征です。
理由は、これです。

tsunodashi2018-0126.jpg

ツノダシの群れ。

sudarechochouuo2018-0126.jpg

スダレチョウチョウウオの群れ。

この光景は、冬を感じます。

ペリリューでは、当然、ロウニンアジの群れに巻かれます。

roninnaji2018-01261.jpg roninnaji2018-01262.jpg

1月26日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ブルーコーナー サンセット ブルーコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ペリリューを感じる

| コメント(0) | トラックバック(0)

やっぱりペリリューはこうじゃなくっちゃ!!!
早朝ダイビングです。
この時間帯は、ペリリューエキスプレスからの流れが入っています。
狙えます、ロウニンアジの群れ。

先端では、我々ダイバーの吐いた泡は、どんどん深場へと流れていきます。
その深場のダウンカレントの中にロウニンアジの群れはいます。

そして、湧き上がってきたところが勝負です。

roninnaji2018-01251.jpg roninnaji2018-01252.jpg

ロウニンアジの群れに巻かれてペリリューを感じます。

1月25日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

祈りましょう

| コメント(0) | トラックバック(0)

久しぶりのダイビングです。
ペリリューの海は、なんかご機嫌がわるい?ようです。
ペリリューカットからコーナーの流れがずーっと続いています。
一定の強弱はありますが、全然ペリリューエキスプレスの流れがありません。

先端に向かっては、潮が上になるのでお魚いっぱいです。
ギンガメアジ、マダラタルミ、ツムブリ
そして、イボヤギが黄色なので、ドロップオフは黄色の壁となっています。
なって、美しい。

グレイリーフシャークはその流れにって、気持ちよく流れています。
先端に30匹ほどいます。

same2018-0124.jpg

マダラトビエイもいます。

しかし、この流れが変わってくれないことには、本格的には
ペリリューコーナーを攻めることができません。

祈りましょう!!!

yosujihuedai2018-0124.jpg

1月24日のポイント

1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

苦労の先

| コメント(0) | トラックバック(0)

雨が降って、微妙な天気です。たまに晴れ間が出るけど、
いつもより、寒いです。やはり晴れがいいですね。

さて、本日のペリリューコーナーは、天気と同様に微妙な流れです。
どう流しても、ロウニンアジの群れに逃げられてしまいます。

午後のダイビングでは、いつもより、強引に攻めてみます。
まぁ、よく泳ぐということです。
ようやく、こんな感じです。

roninnaji2018-0108.jpg

苦労した怪がありました。

1月8日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

バショウスイム

| コメント(0) | トラックバック(0)

ここまで寄れたのは、初めてかも。。。。

バショウカジキ、スイムです。

それは、安全停止中です。もちろん水面をくまなく、探していますが、
奴は、我々ダイバーへと、一直線で、猛烈なスピードで
向かってきます。一瞬にして、我々ダイバーを過ぎ去ったかと思うと、
引き返してきます。

bashokajiki2018-01071.jpg

引き返してから、ひれを広げます。
ばっさっと、広げる音が聞こえるかのように、近いです。

bashokajiki2018-01072.jpg bashokajiki2018-01073.jpg bashokajiki2018-01074.jpg

これぞ、ペリリューです。

1月7日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

3度の飯より、ブルが好き!!!

この動画で伝わりますでしょうか。
ずーっとブルシャークです。

bull2018-01062.jpg bull2018-01061.jpg bull2018-01063.jpg bull2018-01064.jpg

先端付近では、マダラエイ。

madaraei2018-0106.jpg

その沖には、ツムブリとブラックフィンバラクーダのコラボ。

tsumuburi2018-0106.jpg

そして足元ロウニンアジです。

roninnaji2018-01061.jpg

ペリリュー、ネタにつきません。

1月6日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ペリリューらしい

| コメント(0) | トラックバック(0)

早朝ダイビングからずーっとこの流れです。
ガイド泣かせの流れ。カットからコーナーの流れです。

それも、ものすごく流れています。
ペリリューカットでは、猛烈なアップアレント。一気に棚中にもっていかれぬよう
気を付けましょう。

そして、先端では、まるで洗濯機のようです。
自分の吐いた泡が、すぐ真横で渦を巻き、真下に落ちてゆきます。

ペリリューらしいのでしょうか。

その先にロウニンアジの群れはいるのですが、目の前にいるのですが、
自分の吐いた泡が渦を巻き、邪魔です。

roninnaji2018-0105.jpg

あっという間に深場にロウニンアジの群れは逃げていきます。

また、ブラックフィンバラクーダは、エントリーしてすぐのところに
逃げていました。

blackfinbara2018-0105.jpg

1月5日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

毎日ブルシャーク

| コメント(0) | トラックバック(0)

年明けてから、毎日ブルシャークです。
この逞しい体つきに、我々ダイバーは、惚れ込みます。

bull2018-01041.jpg bull2018-01042.jpg bull2018-01043.jpg

水温が下がってきているので、毎日見られるのでしょう。

そして、ペリリューカットには、タマカイのおうちを発見。
かなりの高確率で、そのおうちに逃げ込みます。

ペリリューコーナーの流れは、安定してテッパンです。

roninnaji2018-0104.jpg

ロウニンアジの群れは、安定しています。
コーナーへ進むスピードを考えなければ、群れが割れてしまうので、
慎重に進みましょう。

1月4日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ブル慣れ

| コメント(0) | トラックバック(0)

バラフエダイの放精放卵も今日までです。
明らかに、先日よりは、減っているのがわかります。
その数少ないバラフエダイの放精放卵を狙って、ブルシャークいます。

bull2018-01031.jpg

慣れって怖いものです。
自分の体の大きさの倍はあるのに、この逞しさに惚れています。

日中時は、北東の風がだんだんと強くなってきていますが、
エキスプレスの流れが強いので、風向きと、流れの向きが一緒のため
ペリリューコーナーを潜る事ができます。

ロウニンアジの群れは定位置にいます。

roninnaji2018-01031.jpg

その定位置からどのように攻めるか。
その攻め方が毎回違うのが、楽しくてたまりません。

1月3日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

放精放卵ブルシャーク

| コメント(0) | トラックバック(0)

バラフエダイの放精放卵は佳境です。
その激しい放精放卵の中にブルシャークがうごめいています。

bull2018-01023.jpg

バラフエダイの群れのその向こうにブルシャークが控えています。

bull2018-01021.jpg bull2018-01022.jpg

流れが非常に強いので、ダウンカレントも超一流です。

peleliu2018-0102.jpg

1月2日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューコーナーカットからコーナー
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

新年から休んでいる暇なく、潜ります。
新年、1発目の早朝ダイビングで、バラフエダイの放精放卵を狙います。
初日の出が出る間際のエントリーです。

少々薄暗いですが、時期に明るくなります。
エントリーして、すぐに先端に到着。

うごめくバラフエダイの群れ発見。
同時に放精放卵を始めます。

barafuedai2017-0101.jpg

流れがほぼないので、どんどん白濁してきます。
放精放卵の激しさがわかります。

日中時は、ブルシャークが棚中から登場。

bull2018-0101.jpg

体幹の大きさには、びっくりです。

ロウニンアジの群れには、テッパンの流れが必要です。

roninnaji2018-01011.jpg

1月1日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

2017年の〆は、やはりペリリューコーナーです。
テッパンの流れが入っているこの状況で外しません。

roninnaji2017-12312.jpg roninnaji2017-12311.jpg

ロウニンアジの群れにもきちんと挨拶ができた気がします。

2017年はひとかたならぬご愛顧にあずかり、ありがとうございました。 皆様からのご協力、ご支援あってのことです。
スタッフ一同感謝しております。本当にありがとうございます。
2018年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
スタッフ一同、ペリリュー島にてお待ち申し上げております。
どうぞよいお年をお過ごしくださいませ

12月31日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン
上へ

ブログの最新記事

  • 始まる放精放卵とロウニン三昧

    始まる放精放卵とロウニン三昧

    さぁバラフエダイの放精放卵が始まりました。 一緒にブルシャークも出てきています。...

  • ロウニンアジから覆いかぶさってくる

    ロウニンアジから覆いかぶさってくる

    満月が近づいてきました。 ペリリューカットに、非常に多くのバラフエダイの群れが集...

  • ぎりぎりまで追う

    ぎりぎりまで追う

    やっぱりロウニンアジの群れが好き。 本日は、ロウニンアジの群れを狙いましょう。 ...

  • 妖艶と気品

    妖艶と気品

    マクロな日、こんな日もあります。 お客様がお一人。そして、マクロレンズをもってい...

  • 冬だから

    冬だから

    久しぶりのゲメリス遠征です。 理由は、これです。 ツノダシの群れ。 スダレチョウ...

  • ペリリューを感じる

    ペリリューを感じる

    やっぱりペリリューはこうじゃなくっちゃ!!! 早朝ダイビングです。 この時間帯は...

  • 祈りましょう

    祈りましょう

    久しぶりのダイビングです。 ペリリューの海は、なんかご機嫌がわるい?ようです。 ...

  • 苦労の先

    苦労の先

    雨が降って、微妙な天気です。たまに晴れ間が出るけど、 いつもより、寒いです。やは...

  • バショウスイム

    バショウスイム

    ここまで寄れたのは、初めてかも。。。。 バショウカジキ、スイムです。 それは、安...

  • 3度の飯よりブルが好き

    3度の飯よりブルが好き

    3度の飯より、ブルが好き!!! この動画で伝わりますでしょうか。 ずーっとブルシ...

写真一覧

最新のコメント