淡い若い青の群れ

| コメント(0) | トラックバック(0)

早朝ダイビングは、流れがカットからコーナー
日中は、エキスプレスの流れと、ころころ流れは変わります。
それに合わせて、ダイビングをしましょう。

イレズミフエダイは、完璧に見られなくなりました。
しかし、棚の浅いところには、カスミアジの群れです。

kasumiaji2017-03271.jpg

淡い青色をした若いカスミアジです。

そして、流れに乗っていけば、リーフエッジにはたくさんのグレイリーフシャークです。

samae2017-0327.jpg samae2017-03272.jpg

先端付近では、おなじみのロウニンアジの群れです。

roninnaji2017-0327.jpg

3月27日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ロングエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ラストコール

| コメント(0) | トラックバック(0)

さぁ、ラストコールです。
今朝の早朝、イレズミフエダイの群れは放精放卵を必死に行っております。
最後の力を振り絞るかのようにです。

その中では、カマストガリザメが群れをかき分けます。

kamasutogarizame2017-0326.jpg

日中時は、ほぼいなくなってしまったイレズミフエダイ...
寂しさが残ります。また来月です。

しかし、寂しさに浸っている場合ではありません。
ロウニンアジの群れが待っています。

roninnaji2017-03261.jpg roninnaji2017-03262.jpg

その下には、ミカヅキツバメウオも上がってきています。
ものすごい数です。

mikadukitsubameuo2017-0326.jpg

イレズミ過ぎても熱いペリリューです。

3月26日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

最強ブルシャーク

| コメント(0) | トラックバック(0)

だんだんとイレズミフエダイの数が減ってきました。
しかし、猛者どもの集まりは、調子を上げてきているようです。

早朝ダイビングです。猛烈にカットからコーナーに向かっての流れです。
今期イレズミフエダイの放精放卵を狙うダイビングで、初めての流れです。

ほどなく、ENDO岩付近に到着です。
音は聞こえます。放精放卵は行っているようです。 30メートル付近のエッジを進みます。

エッジの上は、ものすごい流れ、外は、ものすごいダウンカレントです。
そして、真正面からイレズミフエダイの群れをかき分け、やってきます。

bull2017-03252.jpg bull2017-03254.jpg

特大ブルシャークです。

bull2017-03253.jpg bull2017-03251.jpg

頭のズングリ感がかわいくも見え、その大きさに逞しさを感じます。

そして、最強ダウンカレントには気を付けましょう。

down2017-0325.jpg

3月25日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

まだまだ、これからイレズミフエダイの放精放卵の
最終形態に入ります。

しかし、本日は流れが強すぎた。。。。。
エッジのはるか下にイレズミフエダイがいるので、水深が深すぎます。

その下で放精放卵、またその先で猛者どの達が待ち受けています。 猛者とは、

kamasutogarizame2017-0324.jpg

はい、カマストガリザメです。
うようよいます。肉眼だけで、5匹以上はいるのではないでしょうか。
カマスイムです。

ダウンカレントも最強です。

irezumifuedai2017-03241.jpg irezumifuedai2017-03242.jpg

3月24日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

カマ6とブル1

| コメント(0) | トラックバック(0)

イレズミフエダイの放精放卵が佳境を迎えつつあります。
動画をご覧くださいませ。イレズミフエダイの放精放卵の
体と体がぶつかり合う音が、聞こえてきます。

その音の先には、サメがうようよとしています。
カマストガリザメは肉眼でも6匹以上。
そして、ブルシャークも混ざります。

bullkamasu2017-0323.jpg bullkamasu2017-03232.jpg

頭の先がとがっているのがカマストガリザメ。

kamasutogarizame2017-0323.jpg

頭の先が丸いのがブルシャーク。

一目稜線ですね。

沖には、ヒメイトマキエイです。

himeitomakiei2017-0323.jpg

3月23日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューコーナー
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

カマとブル

| コメント(0) | トラックバック(0)

イレズミフエダイの放精放卵の隙間をぬって、その先を覗いてみましょう。
かますのとがった筋肉質なサメがうようよ待ち受けています。

kamasutogarizame2017-0322.jpg

カマストガリザメです。
整った体格、美しすぎます。
イレズミフエダイの放精放卵も激しさが感じられます。
体と体をぶつけ合って、うろこが舞っているのもわかります。

そして、聞いてください。音です。
体と体のぶつかり合う、こすれあう音です。
ごとごとごと、ぐつぐつぐつとでもいうのでしょうか。

我々ダイバーも興奮してしまいます。

ロウニンアジ狙いのダイビングでは、カット寄りにブルシャークが足元を通ります。

bull2017-0322.jpg bull2017-03222.jpg

カマストガリザメと比べると頭の大きさが一目瞭然ですね。

3月22日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ついに始まりました。
イレズミフエダイの放精放卵です。X DAY 2017.03です。

エントリーしてすぐにわかりました。
あたりが白濁して、見渡す透明度が非常に悪くなります。
イレズミフエダイの放精放卵の勢いを感じられます。

irezumifuedai2017-0321.jpg

その白濁した沖では、このような光景が見えます。

kamasutogarizame2017-03211.jpg kamasutogarizame2017-03212.jpg kamasutogarizame2017-03213.jpg

カマストガリザメです。体の脇に筋肉のような筋が入っているのが
わかるでしょうか。かっこいい!!!!

棚中では、イレズミフエダイの群れをかき分けてブルシャークもいます。

日中時は、ペリリューコーナーでは、カットからコーナーの流れです。
ロウニンアジの群れを狙うのは難しいですが、
カット側には潮が当たって非常に魚影が濃い濃い。

先端では、特大イソマグロが待っています。

isomaguro2017-03211.jpg isomaguro2017-03212.jpg

3月21日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ロングエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

寄って離れる

| コメント(0) | トラックバック(0)

イエローウォールではなく、ロングエキスプレスにて
どんどんイレズミフエダイに近づきます。
しかし、また同じ距離を保たれる。

離れる。近づくの繰り返しです。

irezumihuedai2016-0320.jpg

群れの大きさがわかります。

ペリリューエキスプレス、コーナーでは、おなじみのロウニンアジの群れ。

roninnaji2017-0320.jpg

そして本日はブラックフィンバラクーダです。

barakuda2017-0320.jpg barakuda2017-03202.jpg

3月20日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ロングエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

グレート

| コメント(0) | トラックバック(0)

イレズミフエダイの数もどんどん増え続けていますが、
本日のペリリューコーナーでは、まさかの展開!!!!
足元のロウニンアジの群れが妙な動き。。。。
そのざわざわした先には、ロウニンアジの群れを引き連れての

hanma-2017-03191.jpg hanma-2017-03192.jpg

ハンマー!!!!!それも特大!!!!!
グレートハンマーです。ヒラシュモクザメです。
第一背びれの大きさがその証拠です。

大きさは、ロウニンアジの大きさと比べると一目瞭然です。

hanma-2017-03193.jpg

3月19日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 イエローウォール
2本目 ロングエキスプレス
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

1匹でも美しい

| コメント(0) | トラックバック(0)

さらにさらに増え続けるイレズミフエダイの群れです。
その1匹を見てみましょう。

irezumifuedai2017-03181.jpg

黄色と水色のコントラストがたまりません。
この1匹でも美しいイレズミフエダイが、
すでに1万匹以上の群れとなっています。

irezumihuedai2017-03182.jpg

放精放卵が始まるまでは、まだ日にちがかかりそうですが、
婚姻色が出ている個体もちらほらと。。。。

放精放卵が楽しみです。

3月18日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 イエローウォール
2本目 ロングエキスプレス
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

すでに、この量まで

| コメント(0) | トラックバック(0)

どんどん増えていくのがイレズミフエダイ。
すでにこの時点で、かき分けても、かき分けても、
先の先までイレズミフエダイです。
どっぷりイレズミフエダイに浸りましょう。

irezumifuedai2017-03171.jpg

そして、ペリリューコーナーの先端では、懲りずに追いかけます。

bull2017-03171.jpg bull2017-03172.jpg bull2017-03173.jpg

ブルシャークです。
3.5メートル以上はあるのではないでしょうか。
写真の後ろのブルシャークが同じ大きさに見えますね。

3月17日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 イエローウォール
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

満月過ぎて、静けさに浸る時間もなく、
ペリリューは再び熱を持ち始めています。

irezumifuedai2017-0316.jpg

そう、この時期が始まりました。
イレズミフエダイの群れです。すでに、1000匹以上の群れです。

これからどんどん増えていくのでしょう。

ペリリューコーナーの先端では、ブルシャークが待ち受け構えております。

bull2017-0316.jpg

1匹いた!!!と思ったら、
その背後からもう1匹がついていたりと、興奮が止まりません。

3月16日のポイント

1本目 イエローウォール
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 オレンジビーチ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

マヒする感覚

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日ブルシャークを見ていると感覚がマヒしてきます。。。。。
ここまで寄ります。

bull2017-03132.jpg bull2017-03133.jpg bull2017-0313.jpg

棚上にもブルシャークです。

bull2017-03134.jpg

本当にマヒしてます。

ロウニンアジの群れにも、当たり前のようにです。

roninaji2017-0313.jpg

さぁ、もっともっと大物を探しましょう。

3月13日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

本日もブルシャーク絶好調です。
早朝ダイビングです。

バラフエダイの放精放卵のその裏からやってきます。
この逞しいカラダで、群れを突き進みます。

bull2017-0312.jpg

放精放卵でバラフエダイの群れが白濁し、見えなくなってくると
その白濁した中に奴はいます。

bull2017-03121.jpg

いきなり真正面からもきます。
大迫力です。

ロウニンアジの群れもそのバラフエダイの群れの放精放卵に
かぶさるようにやってきます。

まさに地獄絵図?ぐちゃぐちゃです。

3月12日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ついに、毎日ブルシャークから
毎ダイビングごとになってしまいました。

早朝ダイビングから、午後のダイビングまで4本連続のブルシャーク。

bull2017-03111.jpg

ものすごく寄ってから下からあおって、狙います。

bull2017-03113.jpg

体幹の逞しさが際立ちます。

bull2017-03112.jpg

バラフエダイの放精放卵に合わせて、ブルシャークが集まっています。

3月11日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

毎日ブルシャーク出ます。

bull2017-03101.jpg

バラフエダイにブルシャークはついているのでしょう。
昨日より1回り体幹が大きい個体です。

棚上のバラフエダイは光があり、動きありで楽しいです。

barafuedai2017-0310.jpg

ロウニンアジの群れはもちろんです。

rouninaji2017-0310.jpg

3月10日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ブル出てます。

| コメント(0) | トラックバック(0)

動画に限ります。

これですべてが伝わります。
ダウンカレントをすり抜け、一気にロウニンアジの群れとともに湧き上がる。

ブルシャークも出てます。

bull2017-03091.jpg bull2017-03092.jpg

3月9日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

日々変わる流れ

| コメント(0) | トラックバック(0)

水温が下がり、透明度が落ち、
流れの角度は、テッパンの流れから変わってきています。
苦戦の予感がしますが、最善を尽くします。

さて、流れが緩くなってきたと思って、ペリリューエキスプレスです。
しかし先端に進むとこの流れ...

down2017-0308.jpg

いい感じで流れていますわ。

ロウニンアジの群れを狙っていますが、流れの角度が先日までとは
変わってきています。

難しいかな、、、、と思った矢先に出てきます。

rouninaji2017-0308.jpg

ロウニンアジのむれGETです。

3月8日のポイント

1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

よくでる

| コメント(0) | トラックバック(0)

ほら、でました!!!
ブルシャークです。
2日に1回のペースです。

bull2017-03071.jpg

棚外から、ペリリューコーナーのエッジを通って
棚中に上がってきます。

bull2017-03072.jpg

近くにいるグレイリーフシャークと大きさを比べると
明らかに違うます。逞しい躰です。

ロウニンアジの群れも好調です。

rouninaji2017-0307.jpg

3月7日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ようやくの晴れです。
こんなにも太陽が気持ちがいいなんて!!!
水中にも明るさが戻ってきました。

ロウニンアジの群れはもちろんのこと。
本日は、沖でヒメイトマキエイ3匹が急に現れの
オレンジビーチでは、マダラトビエイ4匹と遭遇と盛りだくさん。
そして、ペリリューカットでは、棚の中から、水中イルカと
しかし、悔やまれるのが、写真がなし。。。。

rouninaji2017-0306.jpg

さぁ、明日も4張り切っていきましょう。

3月6日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 オレンジビーチ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

当たり前?

| コメント(0) | トラックバック(0)

当たり前に、ブルシャークが出てしまうこの海、
ペリリューになってしまいそうです。

本日も、ペリリューコーナー先端、ロウニンアジの群れと戯れていると
背後から、奴は一気に攻めてきます。

bull2017-0305.jpg

ロウニンアジの群れは、テッパンの流れですので
ダウンカレントに気を付ければ
楽勝!楽勝!です。

rouninaji2017-03051.jpg

そして、ペリリューコーナーの先端には、カッポレが群れています。
水温が下がっているのでしょう。

kappore2017-0305.jpg

3月5日のポイント

1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ゴールドラッシュ

| コメント(0) | トラックバック(0)

ゴールドラッシュです。
深場からゴールデンスペードフィッシュ、
ミカヅキツバメウオがやってきます。それも非常に数が多い。
まるで、金の屏風のようです。

mikadukitsubameuo2017-02281.jpg

数が半端ありません。
ペリリューコーナーの先端をかぶせるかのようです。

mikadukitsubameuo2017-02282.jpg mikadukitsubameuo2017-02283.jpg mikadukitsubameuo2017-02284.jpg

2月27日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス 1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 オレンジビーチ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン
上へ

ブログの最新記事

  • 淡い若い青の群れ

    淡い若い青の群れ

    早朝ダイビングは、流れがカットからコーナー 日中は、エキスプレスの流れと、ころこ...

  • ラストコール

    ラストコール

    さぁ、ラストコールです。 今朝の早朝、イレズミフエダイの群れは放精放卵を必死に行...

  • 最強ブルシャーク

    最強ブルシャーク

    だんだんとイレズミフエダイの数が減ってきました。 しかし、猛者どもの集まりは、調...

  • カマスイムとダウンカレント

    カマスイムとダウンカレント

    まだまだ、これからイレズミフエダイの放精放卵の 最終形態に入ります。 しかし、本...

  • カマ6とブル1

    カマ6とブル1

    イレズミフエダイの放精放卵が佳境を迎えつつあります。 動画をご覧くださいませ。イ...

  • カマとブル

    カマとブル

    イレズミフエダイの放精放卵の隙間をぬって、その先を覗いてみましょう。 かますのと...

  • X DAY 2017.03 イレズミ放精放卵

    X DAY 2017.03 イレズミ放精放卵

    ついに始まりました。 イレズミフエダイの放精放卵です。X DAY 2017.03...

  • 寄って離れる

    寄って離れる

    イエローウォールではなく、ロングエキスプレスにて どんどんイレズミフエダイに近づ...

  • グレート

    グレート

    イレズミフエダイの数もどんどん増え続けていますが、 本日のペリリューコーナーでは...

  • 1匹でも美しい

    1匹でも美しい

    さらにさらに増え続けるイレズミフエダイの群れです。 その1匹を見てみましょう。 ...

写真一覧

最新のコメント