準備なく

| コメント(0) | トラックバック(0)

北東の風が強いのがなかなか、収まりません。。。。
ペリリューコーナーを潜れるのは、風が凪いでいる早朝のみです。

その早朝にようやく、流れが戻ってきました。
エッジを隠れながら、先端に向かう。
そう、テッパンです。

カット中からエントリー。
まずは、何の準備もできていないうちに、

hanma-2015-0327.jpg

ハンマーです。非常にサイズが小さいですが、急の登場です。

途中、ロウニンアジの群れが割れてしまいましたが、この手堅く見えるのは、
いいですね。

rouninnaji2015-0327.jpg

アンティアス#2では、マルチカラーエンジェルフィッシュ 幼魚です。

maruchi2015-0327.jpg

いつもと違うのは、背景にブルーを入れている点です。 鮮やかさが増します。

深場には、オオテンジクザメが寝ています。

ootennjikuzame2015-0327.jpg

3月27日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリュードロップオフ
2本目 アンティアス#2
3本目 デベット

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

流れがない中でも

| コメント(0) | トラックバック(0)

ようやく、ネット回線が安定してきました。
3月中は、ずーっと安定せず、ブログの更新ができませんでした。
大変申し訳ございません。

さて、そのぺりリューの海ですが、北東の風が強く、潜るのが難しい状況です。
ペリリューコーナーは、早朝、午前中の1本のみです。

ロウニンアジの群れを狙っていますが、流れがない。。。。
ガイドの力量を、見られているようです。

ペリリューエキスプレスの若干の流れを狙って、1点勝負です。

エントリーは、エキスプレスの棚をなめるように、確認するために少し遠い場所からです。

ぼんやりと見えてくるロウニンアジの群れ、どのようにアプローチをしようか、、、
と考えている間に、一気に湧き上がってきます。

rouniaji2015-0326.jpg

ENDO岩付近には、マダラエイが居ます。

madaraei2015-0326.jpg

そして、午後はブルーコーナー遠征です。

gingameaji2015-0326.jpg baraku-da2015-0326.jpg

この魚影の濃さ、さすがです。

3月26日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 オレンジビーチ
3本目 ブルーコーナー
サンセット ブルーコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

見える方には、、、。

| コメント(0) | トラックバック(0)

イレズミフエダイの放精放卵、激しさが収まりません。
魚と魚がぶつかり合い、体と体がこすれる音が、ボン、ぐつぐつとペリリューの海に
響き渡ります。

irezumihuedai2015-03181.jpg

その中を、群れをぶちまかすかのように、圧倒的な存在感。
ブルシャークです。

bull2015-03181.jpg

そして、見える方には、見えます。

bm2015-0318.jpg

ブルーマーリン 5本です。

ロウニンアジの群れを先端で、追い込みます。

rouninnaji2015-0318.jpg

3月18日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ロングエキスプレス
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

佳境

| コメント(0) | トラックバック(0)

イレズミフエダイの放精放卵が佳境を迎えています。

早朝ダイブです。
流れがエキスプレスからではなく、カットからコーナーの流れのために
イレズミフエダイは、いつもと少々違う場所に居ますが、
今かと放精放卵の準備をしています。

irezumihuedai2015-03172.jpg

我々ダイバーが近づくことに寄ってのプレッシャーで、放精放卵を始めます。

irezumihuedai2015-0317.jpg

イレズミフエダイとイレズミフエダイの体と体がぶつかり合って、
水中でも音が聞こえます。
放精放卵の激しさが伺えます。

激しいのっていいね。

3月17日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューコーナー
2本目 ペリリューコーナー
3本目 イエローウォール

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ようやく始まる

| コメント(0) | トラックバック(0)

ようやくイレズミフエダイの放精放卵が始まりました。
待ちに待ってです。

すると、出てきます。ブルシャーク!!!!

bull2015-03162.jpg

イレズミフエダイの群れをかき分けるように、圧倒的な存在感です。

bull2015-03161.jpg

この体幹、何回見てもたまりません。

日中時は、久しぶりに浅場に上がってきているミカヅキツバメウオです。

mikazuki2015-0316.jpg

ゴールドが美しい!!!

3月16日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ロングエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

イレズミフエダイの数が整ってきました。
いつ放卵放精が始まるのかと、我々ダイバーは楽しみでしょうがありません。

婚姻色がまだ、少ししかいないので、もう少し時間がかかるかと思われますが、
数でみると、いつ始まってもおかしくありません。

irezumihuedai2015-03142.jpg

それにしても、シャイな魚です。
追っても、追っても後姿。それでも追うの繰り返しです。

ロウニンアジの数は、さすが乾期です。

rouninnaji2015-0315.jpg rouninnaji2015-03152.jpg

たくさんのロウニンアジの群れが湧き上がってきます。

また、ペリリューコーナーの先端では、スマカツオが群れています。
ものすごい数です。

sumakatsuo2015-0315.jpg

3月14日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 イエローウォール
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

いつ始まっても

| コメント(0) | トラックバック(0)

イレズミフエダイの数が整ってきました。
いつ放卵放精が始まるのかと、我々ダイバーは楽しみでしょうがありません。

婚姻色がまだ、少ししかいないので、もう少し時間がかかるかと思われますが、
数でみると、いつ始まってもおかしくありません。

irezumihuedai2015-0313.jpg

それにしても、シャイな魚です。
追っても、追っても後姿。それでも追うの繰り返しです。

ロウニンアジの数は、さすが乾期です。

rouninnaji2015-0313.jpg

たくさんのロウニンアジの群れが湧き上がってきます。

3月13日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 イエローウォール
2本目 ロングエキスプレス
3本目 オレンジビーチ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

少々足踏み

| コメント(0) | トラックバック(0)

少々、足踏みでしょうか?
前日よりもっともっと数が増えていると予想していたイレズミフエダイの群れが
あまり増えていません。

irezumi2015-0312.jpg

しかし、この数です。
十分でしょうか?

イレズミフエダイは、X DAY 放精放卵に向けての準備が始まっています。
群れの中の個体同士は、たまに体と体をこすりつけてもいます。

台風3号が発生しましたが、なんとかペリリューは、潜れそうです。
しかし、今後の台風の動きには、注意が必要です。

3月12日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 イエローウォール
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

イレズミフエダイの数が倍々になっていきます。
すでに、昨日の数の倍以上になっています。1万匹はいるのではないでしょうか。

irezumi2015-0311.jpg

目の前を埋め尽くすイレズミフエダイ。
それでも、まだまだ、増えます。

毎日、潜ってその数を感じます。

ロウニンアジの群れは、早朝です。

rouninnaji2015-0311.jpg

アンティアス#2では、マルチカラーエンジェルフィッシュ 幼魚です。

maruchi2015-0311.jpg

3月11日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 イエローウォール
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 アンティアス#2

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

そこまで春はきている

| コメント(0) | トラックバック(0)

春がそこまで来ています。

irezumi2015-0310.jpg

イレズミフエダイの群れが出始めてきています。
まだ、数は、500~1000匹程度ですが、これからどんどん増えていくことでしょう。

そして、ペリリューコーナーのこの流れ。カットからコーナーへの流れです。
この流れの時は、ロウニンアジの群れは難しいですね。

down2015-0310.jpg

それにしても、ものすごいダウンカレントです。

3月10日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 イエローウォール
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 アンティアス#2

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

今シーズン一番の数

| コメント(0) | トラックバック(0)

満月過ぎても、この数のロウニンアジの群れ。
今シーズンで、一番の数が居ます。
上空から沖の深場まで、すべてを覆い尽くすほどの数です。

しかし、それにしても流れがない。。。。。
この頃、気合の入ったペリリューコーナーがないです。

ロウニンアジの群れもペリリューエキスプレスからコーナーまで、ずっと
ずーっと追いやってからの勝負という感じです。

rouninnaji2015-03061.jpg rouninnaji2015-03062.jpg

どこからでもかかって来い!!!

3月6日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 オレンジビーチ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

その時までは

| コメント(0) | トラックバック(0)

早朝の放精放卵、ブルシャーク狙いでエントリーです。
周りは、真っ暗ですが、あっという間に日が昇り、明るくなるので問題ありません。

うごめくバラフエダイの群れのその奥にいます。
ブルシャークです。

しかし、本日は暗すぎて写真がなし。
残念です。非常に大きな個体が2匹確認することができました。

さて日中時です。
これは、困りました。。。。流れがありません。

ペリリューエキスプレスから、コーナーまでを泳いで探しましょう。
見つけても、すぐにはアプローチはかけません。
その時が来るまでは、、、、

rouninnaji2015-03052.jpg rouninnaji2015-03051.jpg

そう、この時です。
一斉に湧き上がってくるその瞬間です。

3月5日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューカットからドロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

満月を感じる

| コメント(0) | トラックバック(0)

風が非常に強いです。
何とか、ペリリューコーナーが潜れる感じでもあります。

しかし、満月が近づいています。潜らなければ。。。、月一のお祭りですからね。
無理はしませんが。

バラフエダイの群れも数が大きくなり、5000匹以上はいるのではないでしょうか。

barauedai2015-0304.jpg

やはり、この大きな群れが、満月を感じます。

先端に向かう途中では、ツムブリの群れが一緒になって遊んでくれます。

tsumuburi2015-0304.jpg

そして、願いは、風が止むことです。

3月4日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューカットからドロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

無欲の勝利

| コメント(0) | トラックバック(0)

満月回り、バラフエダイがペリリューカットに集結してきております。
それを狙ってのエントリーです。
すると、無欲の勝利です。

目の前には、、、、、

ブルーマーリン!!!!

bm2015-03033.jpg bm2015-0303.jpg bm2015-03032.jpg

こんなに近くで!!!!

bm2015-03034.jpg

目の前で、大きな体をしならせて去っていきます。

そして、さすが乾期のぺりリュー。
ロウニンアジの群れも数が半端ないです。

rouninnaji2015-0303.jpg

3月3日のポイント

1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン
上へ

ブログの最新記事

  • 準備なく

    準備なく

    北東の風が強いのがなかなか、収まりません。。。。 ペリリューコーナーを潜れるのは...

  • 流れがない中でも

    流れがない中でも

    ようやく、ネット回線が安定してきました。 3月中は、ずーっと安定せず、ブログの更...

  • 見える方には、、、。

    見える方には、、、。

    イレズミフエダイの放精放卵、激しさが収まりません。 魚と魚がぶつかり合い、体と体...

  • 佳境

    佳境

    イレズミフエダイの放精放卵が佳境を迎えています。 早朝ダイブです。 流れがエキス...

  • ようやく始まる

    ようやく始まる

    ようやくイレズミフエダイの放精放卵が始まりました。 待ちに待ってです。 すると、...

  • X DAY は、いつ?もう少し

    X DAY は、いつ?もう少し

    イレズミフエダイの数が整ってきました。 いつ放卵放精が始まるのかと、我々ダイバー...

  • いつ始まっても

    いつ始まっても

    イレズミフエダイの数が整ってきました。 いつ放卵放精が始まるのかと、我々ダイバー...

  • 少々足踏み

    少々足踏み

    少々、足踏みでしょうか? 前日よりもっともっと数が増えていると予想していたイレズ...

  • 増える増えるイレズミフエダイ

    増える増えるイレズミフエダイ

    イレズミフエダイの数が倍々になっていきます。 すでに、昨日の数の倍以上になってい...

  • そこまで春はきている

    そこまで春はきている

    春がそこまで来ています。 イレズミフエダイの群れが出始めてきています。 まだ、数...

写真一覧

最新のコメント