出会った頃は♪

| コメント(0) | トラックバック(0)

イレズミフエダイに

♪出会った頃は こんな日が♪
♪来るとは思わずにいた♪ ♪Making good things better♪
♪いいえ 済んだこと 時を重ねただけ♪
♪疲れ果てたあなた 私の幻を愛したの♪

居ません。イレズミフエダイが全くいません。
帰ってしまったようです。
来月にまたお会いしましょう。

日中時は、ロウニンアジの群れとミカヅキツバメウオの群れ、コラボです。

mikazuki2014-0330.jpg

ペリリュードロップオフです。
出ました。

kajiki2014-03301.jpg kajiki2014-03302.jpg

バショウカジキ2本。

カスミアジも群れています。

kasumiaji2014-0330.jpg

3月29日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

5月18日、19日にてサザンマリンラボラトリー、坂上治郎氏による
ミッドナイトダイブを開催いたします。

ペリリュー外洋ドロップオフにて、魚の稚魚を観察します。

写真は、テンジクダイの稚魚になります。

おすすめ日程は以下になります。
5月17日(土) 日本出発 パラオ着 (日本から直行、デルタ便がございます。)
5月18日 コロール発 ペリリュー着 ダイビング
5月19日 ダイビング
5月20日 ペリリュー発 コロール着
5月21日(水) パラオ発 日本着

皆さま、是非ご参加をお待ちいたしております。

ライン

ペリリューでのダイビングは、水深が深いので、ダイビング時間は非常に短くなりますが
目的を3つ決めて潜ります。

目的1 イレズミフエダイを狙うサメ
目的2 テッパンの流れでロウニンアジの群れ
目的3 ドロップオフで待ち伏せカスミアジの群れ

まずは、目的1

こっちにカマ!あっちにカマ!向こうにもカマ!
カマストガリザメだらけです。

kamasutogarizame2014-03292.jpg kamasutogarizame2014-03291.jpg kamasutogarizame2014-03293.jpg kamasutogarizame2014-03294.jpg

カマカマ超スイムです。

イレズミフエダイ、数が減ってきてはいますが、まだまだ健在です。

irezumihuedai2014-0329.jpg

目的2

非常に強いペリリューエキスプレスの流れがあります。
俗にいうテッパンの流れです。

roninnaji2014-03291.jpg roninnaji2014-03292.jpg roninnaji2014-03293.jpg

先端にロウニンアジの群れを押し込んでの湧き上がれ!!!

目的3

新月3日前です。
そろそろカスミアジの群れが出始めます。

kasumiaji2014-0329.jpg kasumiaji2014-03292.jpg

待ち伏せが基本。

3月28日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

5月18日、19日にてサザンマリンラボラトリー、坂上治郎氏による
ミッドナイトダイブを開催いたします。

ペリリュー外洋ドロップオフにて、魚の稚魚を観察します。

写真は、テンジクダイの稚魚になります。

おすすめ日程は以下になります。
5月17日(土) 日本出発 パラオ着 (日本から直行、デルタ便がございます。)
5月18日 コロール発 ペリリュー着 ダイビング
5月19日 ダイビング
5月20日 ペリリュー発 コロール着
5月21日(水) パラオ発 日本着

皆さま、是非ご参加をお待ちいたしております。

ライン

カマスイム2014.03

| コメント(1) | トラックバック(0)

イレズミフエダイの放精放卵はまだまだ続きます。
その放精放卵に寄ってくるカマストガリザメと一緒になって泳ぎます。

kamasutogarizame2014-03282.jpg kamasutogarizame2014-03281.jpg

カマスイム2014.03 完成です。
近くで見ると、その体つきの良さがはっきりとわかります。
横のラインのう美しさ、たまりません。

そして、その沖には、ヒメイトマキエイが3枚。

himeitomakiei2014-03281.jpg himeitomakiei2014-03282.jpg

気持ちよさそうに泳いでいます。

数が段々と減ってきていますが、イレズミフエダイの群れの全体です。

irezumihuedai2014-0328.jpg

まだまだ数えられないくらいにいます。

先端では、ロウニンアジの群れです。

rouinnaji2014-0328.jpg

湧き上がりを狙って先端エントリーです。

〆は、キャンベック。マンジュウイシモチ幼魚です。

mannjuu2014-0328.jpg

3月28日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューコーナー
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

5月18日、19日にてサザンマリンラボラトリー、坂上治郎氏による
ミッドナイトダイブを開催いたします。

ペリリュー外洋ドロップオフにて、魚の稚魚を観察します。

写真は、テンジクダイの稚魚になります。

おすすめ日程は以下になります。
5月17日(土) 日本出発 パラオ着 (日本から直行、デルタ便がございます。)
5月18日 コロール発 ペリリュー着 ダイビング
5月19日 ダイビング
5月20日 ペリリュー発 コロール着
5月21日(水) パラオ発 日本着

皆さま、是非ご参加をお待ちいたしております。

ライン

続く放精放卵

| コメント(0) | トラックバック(0)

ペリリューエキスプレスの流れが絶好調です。
非常に感じのいい?強い流れが入っております。

その中、イレズミフエダイの放精放卵は続きます。
我々ダイバーは、その流れから身を隠すようにエッジにへばりつきます。
そのすぐ横には、自分のわいた泡が沈んでいきます。

irezumi2014-03271.jpg irezumi2014-03272.jpg

沖に出るチャンスは1回のみです。
上がり際に、皆一斉に出ます。

3,2,1 GO!!

irezumi2014-03273.jpg irezumi2014-03274.jpg

放精放卵で白濁した中を進みます。

その先のイレズミフエダイの群れの後ろには、
カマストガリザメ、ブルシャークが控えております。

ロウニンアジの群れは本日、一貫してコーナーとカットの間にいます。

roninnaji2014-0327.jpg

3月27日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

5月18日、19日にてサザンマリンラボラトリー、坂上治郎氏による
ミッドナイトダイブを開催いたします。

ペリリュー外洋ドロップオフにて、魚の稚魚を観察します。

写真は、テンジクダイの稚魚になります。

おすすめ日程は以下になります。
5月17日(土) 日本出発 パラオ着 (日本から直行、デルタ便がございます。)
5月18日 コロール発 ペリリュー着 ダイビング
5月19日 ダイビング
5月20日 ペリリュー発 コロール着
5月21日(水) パラオ発 日本着

皆さま、是非ご参加をお待ちいたしております。

ライン

短時間勝負

| コメント(0) | トラックバック(0)

イレズミフエダイの放精放卵が続きます。

ほぼほとんどの個体が婚姻色を出しています。
爆発的に放精放卵をしています。
あたりは、白濁。

irezumi2014-03261.jpg

放精放卵に夢中のため、我々ダイバーが寄っても逃げません。
真正面のイレズミフエダイを撮ることができます。

irezumi2014-03262.jpg

カマストガリザメは、その後方に控えております。

kamasu2014-0326.jpg

びゅんびゅんと風を切る感じで、イレズミフエダイの群れにアタックをかけています。
深度が深いので、ダイビング時間は非常に短めです。

短時間勝負で潜ります。

3月26日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

5月18日、19日にてサザンマリンラボラトリー、坂上治郎氏による
ミッドナイトダイブを開催いたします。

ペリリュー外洋ドロップオフにて、魚の稚魚を観察します。

写真は、テンジクダイの稚魚になります。

おすすめ日程は以下になります。
5月17日(土) 日本出発 パラオ着 (日本から直行、デルタ便がございます。)
5月18日 コロール発 ペリリュー着 ダイビング
5月19日 ダイビング
5月20日 ペリリュー発 コロール着
5月21日(水) パラオ発 日本着

皆さま、是非ご参加をお待ちいたしております。

ライン

X DAY 2014.03

| コメント(0) | トラックバック(0)

X DAY 2014.03 始まりました。
本日3月25日がイレズミフエダイ、X DAY です。

爆発的にイレズミフエダイの放精放卵が始まります。
体と体をこすりつけ合う音まではっきりと聞こえます。
ぐつぐつ、ぼっぼっぼ と。

irezumi2014-03251.jpg irezumi2014-03252.jpg irezumi2014-03254.jpg

婚姻色も先日よりさらにはっきりと出ます。

イレズミフエダイは、放精放卵に夢中のため、我々はどんんどんと寄ることができます。

irezumi2014-03253.jpg

そして、沖には、カマストガリザメです。

kamasu2014-0325.jpg

この筋肉質な体、ボディ、たまりません。
サメのように自由に動き回りたいです。

3月25日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ロングエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

5月18日、19日にてサザンマリンラボラトリー、坂上治郎氏による
ミッドナイトダイブを開催いたします。

ペリリュー外洋ドロップオフにて、魚の稚魚を観察します。

写真は、テンジクダイの稚魚になります。

おすすめ日程は以下になります。
5月17日(土) 日本出発 パラオ着 (日本から直行、デルタ便がございます。)
5月18日 コロール発 ペリリュー着 ダイビング
5月19日 ダイビング
5月20日 ペリリュー発 コロール着
5月21日(水) パラオ発 日本着

皆さま、是非ご参加をお待ちいたしております。

ライン

近づく X DAY

| コメント(0) | トラックバック(0)

X DAY が近づきます。

本日は、かなりの個体が婚姻色を出しては、体と体をこすりつけ合っていますが、
いくって感じはありません。多少は行ってはいますが、X DAY前日でしょうか。
イレズミフエダイの放精放卵が爆発的に増えるその日を、待ちます。

日中時は、そのイレズミフエダイが休んでいるイエローウォールへ。
1番者のみ味わうことのできる、群れが崩れていないイレズミフエダイを堪能。

irezumi2014-03243.jpg irezumi2014-03242.jpg

群れの中にも入ります。

irezumi2014-03241.jpg

ペリリューコーナー周りでは、緩やかなエキスプレスの流れ。
ロウニンアジの群れは、先端に居ます。

しかし、流れは味方してくれません。。。
すぐに逃げられてしまします。
棚中から戻ろうとするその群れの頭を押さえて、沖にロウニンアジの群れを集めます。

すると線が切れたかのように一斉にその群れが崩れます。
ロウニンアジの群れが舞い降ります。

そして、舞い降りた後には、湧き上がりロウニンアジです。

rouninnaji2014-0324.jpg

ロウニンアジの群れの動きを研究したダイビングです。

午後はオレンジビーチです。

hosokamasu2014-0324.jpg

ホソカマスです。

3月24日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 イエローウォール
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 オレンジビーチ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

5月18日、19日にてサザンマリンラボラトリー、坂上治郎氏による
ミッドナイトダイブを開催いたします。

ペリリュー外洋ドロップオフにて、魚の稚魚を観察します。

写真は、テンジクダイの稚魚になります。

おすすめ日程は以下になります。
5月17日(土) 日本出発 パラオ着 (日本から直行、デルタ便がございます。)
5月18日 コロール発 ペリリュー着 ダイビング
5月19日 ダイビング
5月20日 ペリリュー発 コロール着
5月21日(水) パラオ発 日本着

皆さま、是非ご参加をお待ちいたしております。

ライン

準備OK

| コメント(0) | トラックバック(0)

お腹がパンパンに張っております。
イレズミフエダイ、いつでも放精放卵を始める準備が整っておりますが、
流れが緩やかで数。それでは、やる気がそそられません。
激しいのがお好きなようです。

先端では流れがない中でも、ロウニンアジの群れはきちんと押さえます。

roninnaji2014-03231.jpg

日中時は、休息場に戻ったイエローウォールにてイレズミ三昧です。

irezumi2014-03231.jpg irezumi2014-03232.jpg

〆のキャンベックでは、小指の爪より小さいマンジュウイシモチです。

mannju2014-0323.jpg

俗に苺パンツと呼ばれておりますが、
その苺柄がまだ、はっきりしないぐらいの幼魚です。

3月23日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 イエローウォール
2本目 ロングエキスプレス
3本目 アンティアス#2
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

5月18日、19日にてサザンマリンラボラトリー、坂上治郎氏による
ミッドナイトダイブを開催いたします。

ペリリュー外洋ドロップオフにて、魚の稚魚を観察します。

写真は、テンジクダイの稚魚になります。

おすすめ日程は以下になります。
5月17日(土) 日本出発 パラオ着 (日本から直行、デルタ便がございます。)
5月18日 コロール発 ペリリュー着 ダイビング
5月19日 ダイビング
5月20日 ペリリュー発 コロール着
5月21日(水) パラオ発 日本着

皆さま、是非ご参加をお待ちいたしております。

ライン

いつでもやる気満々

| コメント(0) | トラックバック(0)

イレズミフエダイの動きが変わってきています。

体と体をこすりつけ合い、今にも、放精放卵をはじめそうで、まだ始まらない。。。。
すでに、婚姻色は出て、体は黒ずんできています。
いつでもやる気満々です。

日中時は、放精放卵のため、先端付近まで準備していた
イレズミフエダイがイエローウォール方面に戻っていく途中のロングエキスプレスを
潜ります。

その戻る過程ですので比較的に簡単にイレズミフエダイに寄ることができます。

irezumi2014-03221.jpg

潮が当たっている場所には、マダラトビエイが気持ちよさそうです。

madaratobiei2014-0322.jpg

先端では、上空に悠々と構えているロウニンアジの群れに突入して
エキジットです。

rouninnaji2014-0323.jpg

午後は、ペリリュードロップオフです。
水温が久しぶりに下がっています。25度台もつける瞬間がありました。
平均では、28度以上あるので基本的には、3ミリのウエットで大丈夫ですが、
少々、冷えてしまいました。

3月22日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ロングエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

5月18日、19日にてサザンマリンラボラトリー、坂上治郎氏による
ミッドナイトダイブを開催いたします。

ペリリュー外洋ドロップオフにて、魚の稚魚を観察します。

写真は、テンジクダイの稚魚になります。

おすすめ日程は以下になります。
5月17日(土) 日本出発 パラオ着 (日本から直行、デルタ便がございます。)
5月18日 コロール発 ペリリュー着 ダイビング
5月19日 ダイビング
5月20日 ペリリュー発 コロール着
5月21日(水) パラオ発 日本着

皆さま、是非ご参加をお待ちいたしております。

ライン

数えられません

| コメント(0) | トラックバック(0)

もうすでに、数えることはできません。
イエローウォールからペリリューエキスプレスまで、
ずっとずっとイレズミフエダイの群れが続いています。

irezumi2014-03212.jpg irezumi2014-03211.jpg

分け入っても分け入っても、青い空 ではなく、

 

分け入っても分け入ってもイレズミフエダイ

な感じです。

そして、そのイレズミフエダイの群れの最後尾、ちょっと後ろには、
ロウニンアジの群れが一斉にエッジを駆け上がります。

rouninaji2014-0321.jpg

あともう少し、イレズミフエダイの群れが先端近くになれば、コラボレーションも可能です。
明日、明後日には、コラボレーションが見れそうです。

午後は、マクロ、キャンベックです。
指の爪サイズ以下のマンジュウイシモチです。

manju2014-0321.jpg manju2014-0322.jpg

俗に、イチゴパンツなどと呼ばれていますが、その苺柄がまだ、出ていません。

そして、今日はまだ潜ります。
ミッドナイトダイブです。

マクロ、稚魚を狙います。

yarikatagi2014-0321.jpg

チョウチョウウオの一種の稚魚だと思われます。

mid2014-0321.jpg

見たことのない世界が広がります。

3月21日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 イエローウォール
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 キャンベック
ミッドナイト1本目 アンティアス#2
ミッドナイト2本目 アンティアス#2

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

5月18日、19日にてサザンマリンラボラトリー、坂上治郎氏による
ミッドナイトダイブを開催いたします。

ペリリュー外洋ドロップオフにて、魚の稚魚を観察します。

写真は、テンジクダイの稚魚になります。

おすすめ日程は以下になります。
5月17日(土) 日本出発 パラオ着 (日本から直行、デルタ便がございます。)
5月18日 コロール発 ペリリュー着 ダイビング
5月19日 ダイビング
5月20日 ペリリュー発 コロール着
5月21日(水) パラオ発 日本着

皆さま、是非ご参加をお待ちいたしております。

ライン

いきなり増

| コメント(0) | トラックバック(0)

いきなり10000匹オーバーです。
すでに、あふれんばかりのイレズミフエダイのがイエローウォールに集まっています。

irezumi2014-0320.jpg

奥の奥までずっと。。。。。

そして、ペリリューコーナーの流れは、早朝は、ペリリューエキスプレスの流れです。
ロウニンアジの群れはENDO岩付近にています。

rouninnaji2014-03201.jpg

ペリリュードロップオフでは、マツゲベニハゼです。
目の周りのまつ毛のようなラインが特徴です。

matsuge2014-0320.jpg

3月20日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 イエローウォール
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

5月18日、19日にてサザンマリンラボラトリー、坂上治郎氏による
ミッドナイトダイブを開催いたします。

ペリリュー外洋ドロップオフにて、魚の稚魚を観察します。

写真は、テンジクダイの稚魚になります。

おすすめ日程は以下になります。
5月17日(土) 日本出発 パラオ着 (日本から直行、デルタ便がございます。)
5月18日 コロール発 ペリリュー着 ダイビング
5月19日 ダイビング
5月20日 ペリリュー発 コロール着
5月21日(水) パラオ発 日本着

皆さま、是非ご参加をお待ちいたしております。

ライン

満月過ぎて。。。

| コメント(0) | トラックバック(0)

満月過ぎて、そろそろでてくるかなと思いつつ、イエローウォールを潜ります。
500~1000匹ぐらいです。

irezumihuedai2014-03191.jpg irezumihuedai2014-03192.jpg

そう、イレズミフエダイの群れです。
2月は、そこそこの数でしたが、3月4月はどこまで増えるのでしょうか。
イレズミフエダイの群れにもまだ、隙間があります。
この隙間が全く、なくなるまで数が、増えるでしょう。
わくわくが止まりません。

また、本日のペリリューコーナーは、日中時ずーと、カットからコーナーの流れ。
ガイド泣かせの流れには、参ります。。。

3月19日のポイント

1本目 イエローウォール
2本目 アンティアス#2
3本目 オレンジビーチ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

5月18日、19日にてサザンマリンラボラトリー、坂上治郎氏による
ミッドナイトダイブを開催いたします。

ペリリュー外洋ドロップオフにて、魚の稚魚を観察します。

写真は、テンジクダイの稚魚になります。

おすすめ日程は以下になります。
5月17日(土) 日本出発 パラオ着 (日本から直行、デルタ便がございます。)
5月18日 コロール発 ペリリュー着 ダイビング
5月19日 ダイビング
5月20日 ペリリュー発 コロール着
5月21日(水) パラオ発 日本着

皆さま、是非ご参加をお待ちいたしております。

ライン

ペリリュー中毒

| コメント(1) | トラックバック(0)

ペリリュー中毒です。
潜っても潜っても、またその次の楽しさがあるペリリューコーナー。

本日の早朝は、

hanma-2014-03181.jpg hanma-2014-03182.jpg

ハンマー!!!
水温が下がっているので、下ばかりを見ていましたが、水面付近を泳いでいます。

安全停止、最後の最後、ボートに上がるまで気が抜けません。

3月18日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

5月18日、19日にてサザンマリンラボラトリー、坂上治郎氏による
ミッドナイトダイブを開催いたします。

ペリリュー外洋ドロップオフにて、魚の稚魚を観察します。

写真は、テンジクダイの稚魚になります。

おすすめ日程は以下になります。
5月17日(土) 日本出発 パラオ着 (日本から直行、デルタ便がございます。)
5月18日 コロール発 ペリリュー着 ダイビング
5月19日 ダイビング
5月20日 ペリリュー発 コロール着
5月21日(水) パラオ発 日本着

皆さま、是非ご参加をお待ちいたしております。

ライン

熱い!お祭り騒ぎ!!

| コメント(0) | トラックバック(0)

満月過ぎて、ペリリューコーナーは落ち着いてくると思いつつ、
  いつまでも熱いです!!!

またまた、先端です。
  突然にやってきます。振り返ると、、、

kajiki2014-03171.jpg kajiki2014-03172.jpg

そこに奴はいます。
  バショウカジキ3本です。

突然、偶然、それとも必然♪ 始まりはいつも先端♪

ロウニンアジの群れも大潮です。数は非常に多いです。

午後はゲメリス遠征です。
  ブルーコーナー先端では、チョウハンが群れています。
  冬ですね。

サンセット、ジャーマンでは、マンタ捕食です。
  合計5枚。

manata2014-03171.jpg manata2014-03172.jpg manta2014-03173.jpg

もうお祭り騒ぎです。ペリリューもゲメリスも熱いです!!!

3月17日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
  1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ブルーコーナー
4本目 ジャーマンチャネル

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

5月18日、19日にてサザンマリンラボラトリー、坂上治郎氏による
ミッドナイトダイブを開催いたします。

ペリリュー外洋ドロップオフにて、魚の稚魚を観察します。

写真は、テンジクダイの稚魚になります。

おすすめ日程は以下になります。
5月17日(土) 日本出発 パラオ着 (日本から直行、デルタ便がございます。)
5月18日 コロール発 ペリリュー着 ダイビング
5月19日 ダイビング
5月20日 ペリリュー発 コロール着
5月21日(水) パラオ発 日本着

皆さま、是非ご参加をお待ちいたしております。

ライン

至る角度から攻める

| コメント(0) | トラックバック(0)

早朝ダイビング、バラフエ祭りです。
  先端にてバラフエダイの放精放卵がいたるところで始まります。

barahuedai2014-03161.jpg

日中時は、ずっとテッパンの流れ。
  非常に安定しております。
  至る角度でロウニンアジの群れを攻めまくります。

rouninnaji2014-03161.jpg rouninnaji2014-03162k.jpg

マクロもキチンと。

bule 2014-0316.jpg

3月16日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
  1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 オレンジビーチ
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

5月18日、19日にてサザンマリンラボラトリー、坂上治郎氏による
ミッドナイトダイブを開催いたします。

ペリリュー外洋ドロップオフにて、魚の稚魚を観察します。

写真は、テンジクダイの稚魚になります。

おすすめ日程は以下になります。
5月17日(土) 日本出発 パラオ着 (日本から直行、デルタ便がございます。)
5月18日 コロール発 ペリリュー着 ダイビング
5月19日 ダイビング
5月20日 ペリリュー発 コロール着
5月21日(水) パラオ発 日本着

皆さま、是非ご参加をお待ちいたしております。

ライン

休む間もなく

| コメント(0) | トラックバック(0)

満月2日前です。
  そろそろバラフエダイの放精放卵が盛んに行われるかと思いつつ、
  ところところで、全然勢いなしです。
  ブルシャークは足元で1匹。
  寂しい限りです。明日に期待しましょう。

さて、日中時はその放精放卵に集まった者どもがペリリューカットで休んでいます。
  その群れを追います。休む間もなく。

その群れの大きさには、圧巻です。

barahuedai2014-03151.jpg barahuedai2014-03152.jpg barahuedai2014-03153.jpg barahuedai2014-03154.jpg

そして、先端では、おなじみロウニンアジの群れ。
  たまらなく、幸せです。

rouninnaji2014-03151.jpg

3月15日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
  1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューコーナー
3本目 アンティアス#2
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

5月18日、19日にてサザンマリンラボラトリー、坂上治郎氏による
ミッドナイトダイブを開催いたします。

ペリリュー外洋ドロップオフにて、魚の稚魚を観察します。

写真は、テンジクダイの稚魚になります。

おすすめ日程は以下になります。
5月17日(土) 日本出発 パラオ着 (日本から直行、デルタ便がございます。)
5月18日 コロール発 ペリリュー着 ダイビング
5月19日 ダイビング
5月20日 ペリリュー発 コロール着
5月21日(水) パラオ発 日本着

皆さま、是非ご参加をお待ちいたしております。

ライン

好き勝手に ご自由に

| コメント(0) | トラックバック(0)

ペリリューコーナー 先端 放精放卵 始まりました。
  満月の一大イベントです。

といっても、満月4日前です。
  ほんの少しです。
  カマストガリザメが1匹です。
  明日、明後日と期待です。

日中時はテッパンの流れです。
  ずっとロウニンアジの群れと並走。
  こんな幸せありません。
  ペリリューコーナー先端では、持った者のみ味わうことのできる湧き上がりです。

rouninnaji2014-03141.jpg rouninnaji2014-03142.jpg

午後は、ゲメリス遠征です。
  ジャーマンチャネルでは、マンタも居ましたが、トラフザメです。

torahuzame2014-0314.jpg

サンセット ブルーコーナーでは、誰も居ません。
  魚の真上でエントリーです。
  好き勝手にエッジを流します。

ここでも先端です。

tsunodashi2014-03141.jpg tsunodashi2014-03142.jpg tsunodashi2014-03143.jpg

まだまだいます。この前よりかなり数が減りましたが、ツノダシの群れです。
  この群れにスダレチョウチョウウオが混ざっています。

3月14日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
  1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューコーナー
3本目 ジャーマンチャネル
4本目 ブルーコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

5月18日、19日にてサザンマリンラボラトリー、坂上治郎氏による
ミッドナイトダイブを開催いたします。

ペリリュー外洋ドロップオフにて、魚の稚魚を観察します。

写真は、テンジクダイの稚魚になります。

おすすめ日程は以下になります。
5月17日(土) 日本出発 パラオ着 (日本から直行、デルタ便がございます。)
5月18日 コロール発 ペリリュー着 ダイビング
5月19日 ダイビング
5月20日 ペリリュー発 コロール着
5月21日(水) パラオ発 日本着

皆さま、是非ご参加をお待ちいたしております。

ライン

先端です。
尖っています。これでしょ!!!!

ペリリューや カジキ飛びこむ 水の音

basho2013-03131.jpg basho2013-03133.jpg

バショウカジキ×2

basho2013-03132.jpg basho2013-03134.jpg

そして、満月が近づき、ペリリューカットにバラフエダイの群れができ始めています。
うごめくこの集団、いつかいつかと放精放卵を待ちます。

時期なのでしょう。ペリリューカットからコーナーにかけて
ギンガメアジの群れが大きくなっています。

ginngameaji2014-0313.jpg

ロウニンアジの群れもENDO岩付近に大きな群れを成しています。

rouninnaji2014-0313.jpg

3月13日のポイント

1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

5月18日、19日にてサザンマリンラボラトリー、坂上治郎氏による
ミッドナイトダイブを開催いたします。

ペリリュー外洋ドロップオフにて、魚の稚魚を観察します。

写真は、テンジクダイの稚魚になります。

おすすめ日程は以下になります。
5月17日(土) 日本出発 パラオ着 (日本から直行、デルタ便がございます。)
5月18日 コロール発 ペリリュー着 ダイビング
5月19日 ダイビング
5月20日 ペリリュー発 コロール着
5月21日(水) パラオ発 日本着

皆さま、是非ご参加をお待ちいたしております。

ライン

遅い冬の風物詩

| コメント(0) | トラックバック(0)

本日は、かなり遅めのスタートです。
狙いは、ブルーコーナーです。

この時期にブルーコーナー、ゲメリス遠征に行くその理由は、
これでしょ!!!ギンガメアジ、ブラックフィンバラクーダなどの定番は、スルーです。

tsunodashi2014-03122.jpg tsunodashi2014-03123.jpg tsunodashi2014-03124.jpg tsunodashi2014-03125.jpg tsunodashi2014-03121.jpg

ツノダシの群れです。
今年は、なかなか数が増えません。本日は、300匹ぐらいはいます。
数が少ないですが、密度は十分。
少々遅いですが、冬の風物詩です。

マクロ穴では、マルチカラーエンジェルフィッシュです。

maruchi2014-0312.jpg

そして、夕方サンセットでは、クロヒラアジの群れが大きくなっています。

kurohiraaji2014-0312.jpg

3月12日のポイント

1本目 ブルーコーナー
2本目 ブルーコーナー
サンセット ブルーコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

5月18日、19日にてサザンマリンラボラトリー、坂上治郎氏による
ミッドナイトダイブを開催いたします。

ペリリュー外洋ドロップオフにて、魚の稚魚を観察します。

写真は、テンジクダイの稚魚になります。

おすすめ日程は以下になります。
5月17日(土) 日本出発 パラオ着 (日本から直行、デルタ便がございます。)
5月18日 コロール発 ペリリュー着 ダイビング
5月19日 ダイビング
5月20日 ペリリュー発 コロール着
5月21日(水) パラオ発 日本着

皆さま、是非ご参加をお待ちいたしております。

ライン

風が止んでいます。
昨日までは、北西、本日は、無風に近いですが、南東です。
そして、風向きは東になっていくかと思われます。

風と同様に、ペリリューコーナーの流れ、ペリリューエキスプレスが止まっております。
ペリリューコーナーにとって流れは、命です。

ロウニンアジの群れがどこにいるのかは、分かっていますが
すぐに逃げられてしまいます。

その流れの無い中、何とか先端にて追い込んだ群れが
突き刺さります。

roninnnaji2014-03102.jpg roninnnaji2014-03101.jpg

真上から降り注ぐのは、気持ちがいいです。

また、先端では、マダラエイがうろうろです。

madaraei2014-0310.jpg

3月10日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

5月18日、19日にてサザンマリンラボラトリー、坂上治郎氏による
ミッドナイトダイブを開催いたします。

ペリリュー外洋ドロップオフにて、魚の稚魚を観察します。

写真は、テンジクダイの稚魚になります。

おすすめ日程は以下になります。
5月17日(土) 日本出発 パラオ着 (日本から直行、デルタ便がございます。)
5月18日 コロール発 ペリリュー着 ダイビング
5月19日 ダイビング
5月20日 ペリリュー発 コロール着
5月21日(水) パラオ発 日本着

皆さま、是非ご参加をお待ちいたしております。

ライン

強さの順番

| コメント(0) | トラックバック(0)

若干の北風がありますが、日差しがじりじりと
絶好調のパラオ、ペリリューです。

上げ潮を期待していったジャーマンですが、少々の下げ始めです。
チャネルの入り口付近のメアジの群れに、
ホシカイワリを筆頭に、ロウニンアジ、カスミアジと捕食をかけます。

ジャーマンでは、

1、ホシカイワリ
2、ロウニンアジ
3、カスミアジ

の順番で位、強さが変わります。

我々ダイバーが、メアジの群れの中に入っても、
その捕食者たちは、容赦なく攻撃を仕掛けます。
その強さが素敵です。

マンタは、1枚でした。

mannta2014-0309.jpg

ペリリューコーナー周りでは、ロウニンアジの群れを捕まえるほどの流れなし。
残念です。

写真は、ペリリューカットのギンガメアジの群れです。

ginngae2014-0309.jpg

3月9日のポイント

1本目 ジャーマンチャネル
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリューカットからコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

5月18日、19日にてサザンマリンラボラトリー、坂上治郎氏による
ミッドナイトダイブを開催いたします。

ペリリュー外洋ドロップオフにて、魚の稚魚を観察します。

写真は、テンジクダイの稚魚になります。

おすすめ日程は以下になります。
5月17日(土) 日本出発 パラオ着 (日本から直行、デルタ便がございます。)
5月18日 コロール発 ペリリュー着 ダイビング
5月19日 ダイビング
5月20日 ペリリュー発 コロール着
5月21日(水) パラオ発 日本着

皆さま、是非ご参加をお待ちいたしております。

ライン

マンタ祭

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日は、安定してテッパンの流れがありましたが、本日はさっぱり。。。
エキスプレスの流れにもお休みがあります。

しかし、我々ダイバーには、お休みはありません。
どの流れでもロウニンアジの群れを追いかけます。

エキスプレスのエントリー口にてロウニンアジ、発見!!!
しかし、流れがないのでどんどん逃げます。追います。
でも、逃げます。
の繰り返し。の繰り返し。

結局は先端に到着。
ここまで来ると、奴らはあきらめます。
一斉に群れを崩して。深場に散っていきます。

rouninnaji2014-0302.jpg

散り際は、勝負です。

午後はゲメリス遠征です。
ジャーマンでは、マンタ祭りです。
8枚です。

manta2014-03021.jpg manta2014-03022.jpg manta2014-03023.jpg manta2014-03024.jpg

3月2日のポイント

早朝 ロングエキスプレス
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 オレンジビーチ
3本目 ブルーコーナー
サンセット ジャーマンチャネル

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

5月18日、19日にてサザンマリンラボラトリー、坂上次郎氏による
ミッドナイトダイブを開催いたします。

ペリリュー外洋ドロップオフにて、魚の稚魚を観察します。

mid2012.jpg midnight2012.jpg

写真は、テンジクダイの稚魚になります。

くだりぼうずぎすsp1.jpg

おすすめ日程は以下になります。
5月17日(土) 日本出発 パラオ着 (日本から直行、デルタ便がございます。)
5月18日 コロール発 ペリリュー着 ダイビング
5月19日 ダイビング
5月20日 ペリリュー発 コロール着
5月21日(水) パラオ発 日本着

皆さま、是非ご参加をお待ちいたしております。

ライン

ゴールド&シルバー

| コメント(0) | トラックバック(0)

1日を通して非常にいい流れが入っています。
どのダイブに対してもテッパン宣言を出します。

目指すは先端です。
テッパンのとは言いましたが、少々流れが強すぎることもあります。
目の前のロウニンアジの群れに入ろうともすでにダウンカレントが始まっています。

rouninnjaji2014-03011.jpg rouninnjaji2014-03012.jpg rouninnjaji2014-03013.jpg rouninnjaji2014-03014.jpg

先端で大フィーバーです。

その大フィーバーの中、普段は深くて近づくことのできないミカヅキツバメウオの群れが
近づいてきます。

mikazuki2014-03012.jpg

一気に向きを変えてのロウニンアジの群れとコラボです。
ゴールド&シルバーです。

mikazuki2014-03013.jpg mikazuki2014-0301.jpg

午後は、アンティアス#2で、のんびりマクロでしたが、新月という事もあります。
カスミアジの群れが通過です。

kasumiaji2014-0301.jpg

不意に現れます。

3月1日のポイント

早朝 ロングエキスプレス
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 アンティアス#2

本日もお疲れ様でした。

ライン

新月が近づいているのが、カスミアジの数にてよくわかります。
イエローウォールからロングエキスプレスまで群れが
ずっとずっと続いている感じがします。
5000匹オーバーといっても間違えありません。

しかし、寄れない。。。。。撮れない。。。。。
非常に難しいです。

そんな中、群れは小さくなるのですが、寄って撮れる場所もあります。

kasumiaji2014-0228.jpg

こんな感じ。
カスミアジのブルーがしっかりわかります。

定番のロウニンアジの群れも水温が下がり、テッパンの流れあり。
いい感じです。

roninnaji2014-0228.jpg

イレズミフエダイは、新月1日前ですが、そこまで数が減っていません。

irezumifuedai2014-0228.jpg

それにしてもペリリュー、カメが多いです。
至る場所にいますね。

kame2014-0228.jpg

2月28日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 イエローウォール
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン
上へ

ブログの最新記事

  • 出会った頃は♪

    出会った頃は♪

    イレズミフエダイに ♪出会った頃は こんな日が♪ ♪来るとは思わずにいた♪ ♪M...

  • こっちにカマ!あっちにカマ!向こうにもカマ!

    こっちにカマ!あっちにカマ!向こうにもカマ!

    ペリリューでのダイビングは、水深が深いので、ダイビング時間は非常に短くなりますが...

  • カマスイム2014.03

    カマスイム2014.03

    イレズミフエダイの放精放卵はまだまだ続きます。 その放精放卵に寄ってくるカマスト...

  • 続く放精放卵

    続く放精放卵

    ペリリューエキスプレスの流れが絶好調です。 非常に感じのいい?強い流れが入ってお...

  • 短時間勝負

    短時間勝負

    イレズミフエダイの放精放卵が続きます。 ほぼほとんどの個体が婚姻色を出しています...

  • X DAY 2014.03

    X DAY 2014.03

    X DAY 2014.03 始まりました。 本日3月25日がイレズミフエダイ、X...

  • 近づく X DAY

    近づく X DAY

    X DAY が近づきます。 本日は、かなりの個体が婚姻色を出しては、体と体をこす...

  • 準備OK

    準備OK

    お腹がパンパンに張っております。 イレズミフエダイ、いつでも放精放卵を始める準備...

  • いつでもやる気満々

    いつでもやる気満々

    イレズミフエダイの動きが変わってきています。 体と体をこすりつけ合い、今にも、放...

  • 数えられません

    数えられません

    もうすでに、数えることはできません。 イエローウォールからペリリューエキスプレス...

写真一覧

最新のコメント