もっともっと潜る

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年も残りわずか2日です。
やり残したことは、もっともっと潜る。
本日は、サンセットダイブまで、日の出から日の入りまで遊んできます。

午前中のダイビングは、ロウニンアジの群れを狙います。
北側から大きなうねりが入っているせいでしょうか。
透明度が非常に落ちています。

ペリリューコーナーの先端が白く濁っています。
ロウニンアジの群れも濁りが嫌いなのでしょうか。
先端から離れたロングエキスプレス当たりに
避難してきているような気がします。

rouninnaji2013-1230.jpg

うまくアプローチをかければ、真正面ですが、本日は、なんか後ろを追ってに。

午後は、ゲメリス遠征です。
ジャーマンチャネルです。
さすが年末です。非常にたくさんのボートがあります。
逸れる事の無いように、しかし、マンタ根で待つダイビングはしません。
沖に出ます。

mannta2013-12301.jpg mannta2013-12302.jpg

調子がいいですね。
上と下と一緒にきます。

メアジの群れもホシカイワリに追いかけられて、必死です。

meaji2013-12301.jpg

サンセットはブルーコーナーです。
うねりのせいで非常に大きな波が立っています
下げ側は、ブイを取ることが難しそうです。

夕方の狙いは、クロヒラアジの群れです。

kurohiraaji2013-1230.jpg kurohiraaji2013-12302.jpg

ギンガメアジの群れと混ざり合っています。
結構な数です。

夕食は、リンゴの釣ってくれたしよっと!!

lingo2013-1230.jpg

12月30日のポイント

早朝 ロングエキスプレス
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ジャーマンチャネル
サンセット ブルーコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

上昇志向

| コメント(0) | トラックバック(0)

午前中の早い時間帯がオススメ!!
テッパンの流れが入っております。
先日のリベンジを含めて、いつも以上に気合いが入ります。

カットからコーナーまでのエッジをすべて舐めるように確認して エントリーします。

ほどなくロウニンアジの群れ、発見!!
ここで突っ込むのは、誰でもできます。

勝負をかけます。
勝負とは、待ちます。

すると!!真正面!!!

rouninnaji2013-12291.jpg

一斉に帯になって、向かってきます。
こんな楽に、ロウニンアジの群れ。これだからテッパンの流れは、やめられません。

rouninnaji2013-12292.jpg

光のさす方へ。
ロウニンアジの群れは、常に上昇志向です。

12月29日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ガイド泣かせ

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年も残すところ、わずか1週間もなくなりました。
あっという間の1年です。

締めくくりに、にロウニンアジの群れと巻かれて終えたいところですが
なかなかうまくいきません。

流れがカットからコーナーの流れです。
ロウニンアジの群れがどこにいるのかは、分かりますがアプローチがかけられません。

ガイド泣かせです。。。。

カットからコーナーのエッジを流します。
先端です。

corner2013-1228.jpg

やはり、ロウニンアジ居ません。
非常に静かです。

ただ、グレイリーフシャークが10匹程度、優雅に泳いでいます。
残念感が漂ってはいますが、非常に気持ちがよく流れてはいますよ。

12月28日のポイント

1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 オレンジビーチ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

潜れば潜るほど

| コメント(0) | トラックバック(0)

ようやく晴れ間が見え、海況が落ち着きつつあります。
ペリリューコーナー勝負をかけます。

テッパンの流れを期待してコーナーへ向かいますが
緩く若干のエキスプレスの流れです。

ロウニンアジの群れがどこにいるのは、わかっていますが、
流れが味方してくれません。

少しでもアプローチの仕方を間違えると、逃げられてしまいます。
優しい気持ちで、本音は心の中にひめて、追います。

急にロウニンアジが反転するタイミングがあるんです。

rouninniaji2013-1224.jpg rouninniaji2013-12242.jpg

真正面です。

VS ロウニンアジの群れ、たまりません。

午後は、新ネタ探しにアンティアス#2へ

まずは、青マスク 幼魚

aomasuku2013-1224.jpg

ヒオドシベラ

hiodoshibera2013-1224.jpg

マツゲベニハゼ(仮称)

matsugebenihaze2013-1224.jpg

ハダカハオコゼ 紅色個体

hadakahaokoze2013-1224.jpg

潜れば潜るほど新ネタが見つかります。
アンティアス#2 奥が深いです。

12月24日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 アンティアス#2

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

美しさ半端なく

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日から非常に北東の風が強く吹いております。
残念ですが、安全面を考慮したうえで、ペリリューコーナーはあきらめましょう。

しかし、アンティアス#2 ペリリュードロップオフ めちゃくちゃ熱いです。
先日に引き続き、お題は、ハナダイです。
バートレットアンティアス♂♀

bartret2013-1223.jpg

フチドリハナダイ

fuchidori2013-1223.jpg

スミレナガハナダイ♂

sumirenagahanadai2013-1223.jpg

イエローストライプ アンティアス

yellowst2013-1223.jpg

美しさが半端ありません。

本日は、〆にキャンベック湾内も潜ってきました。

ギンガハゼです。

gingahaze2013-12231.jpg

105ミリのレンズで寄って寄って撮ってきました。

12月23日のポイント

早朝 ペリリュードロップオフ
1本目 ペリリュードロップオフ
2本目 アンティアス#2
3本目 アンティアス#2
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ハナダイたくさん

| コメント(0) | トラックバック(0)

東風が強く、そして、流れもカットからコーナーのために
ペリリューコーナーが非常に波立ってはいます。

なんとか行けそうですが、無理をせずにマクロに絞ってみました。

アンティアス#2 、そう、ハナダイです。
たくさんの種類がいます。

フチドリハナダイ

fuchidorihanadai2013-1222.jpg

アカボシハナゴイ

akaboshi2013-1222.jpg

オオテンハナゴイ

ootenn2013-1222.jpg

ハナゴンベ

hanagonbe2013-1222.jpg

アカネハナゴイ

akenehanagoi2013-1222.jpg

バートレットアンティアス

bartret2013-1222.jpg

まだまだいます。
スミレナガハナダイ、パープルクイーン、イエローストライプアンティアス、レッドチークアンティアス
なんてカラフルなんでしょう。

12月22日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 アンティアス#2
2本目 アンティアス#2
3本目 アンティアス#2

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

水面に顔をつけると

| コメント(0) | トラックバック(0)

盛りだくさんのダイビングが続きます。

早朝は、安定してテッパンの流れです。
このような時は、ロウニンアジの群れは簡単に見ることができますが、
どのようにアプローチをするのかが、見せ所です。

rouninnaji2013-12214.jpg

雨も降り、非常に暗いですがライト映えします。

午前中の1本目は、先端、ENDO岩付近から直接、ロウニンアジの群れを狙います。
エントリーして、3分以内のロウニンアジの群れです。

rouninnaji2013-12211.jpg rouninnaji2013-12212.jpg rouninnaji2013-12213.jpg

エアーに余裕がある状況で、ロウニンアジの群れは助かります。
心の余裕も生まれます。

エキジットしてからがまた、忙しい。。。。
キャンベックまでの帰り道です。
水面で激しく、波しぶきが上がっています。
なんでしょう?

きゅるん、きゅるん。
そう、オキゴンドウクジラです。

そーとボートを近づかせ、エンジンを切ります。
水面に顔をつけてみると、

okigonndou2013-12211.jpg okigonndou2013-12212.jpg

こっちに近づいてきます。
なんてかわいいのでしょうか。目が合います。

また、エキスプレスでは、レモンシャークです。

remonn2013-1221.jpg

非常に胴長の特徴があります。

午後のアンティアス#2では先日に引き続き、ブルーバードドワーフゴビーを粘ります。
F2.8の開放を目指すのですが、やはりピンが合いません。。。

bluebarrd2013-1221.jpg

クダゴンベ、ペアでいます。

kudagonnbe2013-1221.jpg

毎日、楽しくってしょうがない!!!!

12月21日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューコーナー
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 アンティアス#2

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

早朝にテッパンの流れが入っています。
このチャンスは逃しません。

先端までは、我々ダイバーの泡を使って追い込み、
深場に逃げてしまったのは、ひたすら待ちます。

ほらね。湧き上がってきます。

roninnnaji2013-1220.jpg

もう少し密度を濃く湧き上がってきてほしかったですね。

日中時は、はっきりしない流れです。
ペリリューコーナー ド先端でエントリーです。

ツムブリが行き場をなくなったかのように、彷徨っています。

tsumuburi2013-1220.jpg

ENDO岩付近には、先日に引き続き、ブラックフィンバラクーダです。

barakuda2013-1220.jpg

そして、久しぶりにマクロ行きます。
午後、アンティアス#2へ

ヘルフリッチいます。

helf2013-1220.jpg

アケボノハゼが4匹ぐらい固まっていますが、すべてを収めるのは至難の業。。。。
今回は、あきらめます。

105ミリのレンズで狙えるブルーバードドワーフゴビーです。

bluebarrd2013-1220.jpg

つぶらな瞳に胸キュンです。

12月20日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューコーナー
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 アンティアス#2

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

声の違い

| コメント(0) | トラックバック(0)

満月過ぎても盛り上がっています、ペリリューコーナー。
ロウニンアジの群れは、もちろん!!!

rouninnaji2013-12192.jpg

流れがきついので、自分のはいた泡がすぐに巻いてしまって
ダウンカレントのすごさが分かります。

rouninnaji2013-12191.jpg

エキジットでは、沖から声が。。。。
前回のハシナガイルカの声ではありません。
では、???

okigonndou2013-12191.jpg okigonndou2013-12192.jpg

オキゴンドウクジラです。

写真は、シュノーケリングで撮りました。

バラクーダ見たり

blackfin2013-1219.jpg

マダラエイ見たり(先日とは違う個体)

madarei2013-1219.jpg

と、ネタが途切れません。

12月19日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューコーナー
2本目 ペリリューコーナーからエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

漏れる歓声

| コメント(0) | トラックバック(0)

満月+1日目
今日まで、バラフエダイの放精放卵が狙えます。
確実にバラフエダイの数が減ってはいますが、まだまだ迫力満点!!
ブル祭りです。

bull2013-12182.jpg bull2013-12183.jpg bull2013-12181.jpg

体幹の太さ、後姿、すべてに惚れてしまいます。
やはり、バラフエダイの数が少なくなってきていたのであっという間に放精放卵は終了。
短期決戦でした。

日中時は、ロウニン祭りです。

rouninnaji2013-12181.jpg rouninnaji2013-12182.jpg rouninnaji2013-12183.jpg

この数、この寄り方、海の中で歓声が漏れてしまっている
お客様が非常にうれしいです。

12月18日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューコーナー
2本目 ペリリューコーナー
3本目 ロングエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ネット環境が整わずにブログの更新ができませんでした。
ブログの更新が滞り、大変に申し訳ございませんでした。

さて、満月です。
ペリリューコーナー最高に盛り上がっております。
ロウニンアジの数も絶好調!!!
また、バラフエダイの放精放卵も大、大、大爆破です。

bull2013-12171.jpg

ブルシャークは、そのバラフエダイの群れの脇を今か、今かと、チャンスを待っています。
そして、放精放卵は佳境に入ると、すでにあたりは、白濁して
見えなくなります。その白濁した中からブルシャークと
出会いがしらです。我々ダイバーもびっくりですが、ブルシャークもびっくりです。

日中時は、流れがあまりなく淀んだ感じがしますが、ペリリューコーナー先端では、
ハシナガイルカと水中で遭遇です。

iruka2013-1217.jpg

その足元には、こちらの方も居ついています。
マダラエイです。

mdaraei2013-1217.jpg

〆には、ペリリューエキスプレスにてロウニンアジの群れです。

rouninnji2013-12172.jpg rouninnji2013-12171.jpg

満月って、最高!!!

12月17日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

近づきは離れ

| コメント(0) | トラックバック(0)

カスミアジの群れが棚一面に広がっていますが、
一定な距離を保たれます。
近づきは離れ、離れは近づき。

kasumiaji2013-12031.jpg

こんなにも数がいるのに非常に残念です。

そして棚上といえば、本日もブルシャークに遭遇です。
不意打ちに奴はやってくるので、カメラが間に合いません。
この居ついているブル、うまく収めてみたいものです。

ロウニンアジの群れは、先端に居ます。

rouninnaji2013-1203.jpg

群れの後ろには、超特急のように動く、オニヒラアジの群れもいます。
群れと群れが混じりあってる感じです。
大きさ、動きの速さが明らかに違うので
実際には海の中では、はっきりと区別がつきます。

12月3日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

もっと

| コメント(0) | トラックバック(0)

棚の上のブルです。
居ついているようです。棚の上をうろうろと居ます。

bull2013-1202.jpg

少々遠いのですが、体幹が非常に太いのが分かります。
迫力満点です。

また、こちらも棚の上のカスミアジの群れですが、寄れない。。。。

kasumiaji2013-1203.jpg

数としては、1000匹以上は、います。
もっと寄りたい。。。

通常、ペリリューカットの深場に群れているギンガメアジが浅い場所にやってきています。

gingame2013-1202.jpg

こちらは寄れる!!!

そして、ペリリューの見せ場、定番のロウニンアジの群れです。

rouninnaji2013-1202.jpg

こちらは、腕で寄ります!!!

12月2日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ロングエキスプレス
3本目 ペリリューエキスプレス

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

新月近づく

| コメント(0) | トラックバック(0)

師走です。
あっという間の1年ですね。

新月が近づきロウニンアジの数が満月時よりは、減ってはいますが
十分な数がいます。乾期ですね。

rouninn2013-12011.jpg

ペリリューカット手前では、ギンガメアジがいます。

gingameaji2013-1201.jpg

また、ロウニンアジの数が減った分、他の魚が出てきています。
ペリリュードロップの上では、カスミアジの群れです。

kasumiaji2013-12011.jpg kasumiaji2013-12012.jpg

タイマイと戯れたり、幸せな時間です。

kame2013-1201.jpg

12月1日のポイント

1本目 タートルコーブ
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン
上へ

ブログの最新記事

  • もっともっと潜る

    もっともっと潜る

    今年も残りわずか2日です。 やり残したことは、もっともっと潜る。 本日は、サンセ...

  • 上昇志向

    上昇志向

    午前中の早い時間帯がオススメ!! テッパンの流れが入っております。 先日のリベン...

  • ガイド泣かせ

    ガイド泣かせ

    今年も残すところ、わずか1週間もなくなりました。 あっという間の1年です。 締め...

  • 潜れば潜るほど

    潜れば潜るほど

    ようやく晴れ間が見え、海況が落ち着きつつあります。 ペリリューコーナー勝負をかけ...

  • 美しさ半端なく

    美しさ半端なく

    昨日から非常に北東の風が強く吹いております。 残念ですが、安全面を考慮したうえで...

  • ハナダイたくさん

    ハナダイたくさん

    東風が強く、そして、流れもカットからコーナーのために ペリリューコーナーが非常に...

  • 水面に顔をつけると

    水面に顔をつけると

    盛りだくさんのダイビングが続きます。 早朝は、安定してテッパンの流れです。 この...

  • チャンスを逃さず、マクロも

    チャンスを逃さず、マクロも

    早朝にテッパンの流れが入っています。 このチャンスは逃しません。 先端までは、我...

  • 声の違い

    声の違い

    満月過ぎても盛り上がっています、ペリリューコーナー。 ロウニンアジの群れは、もち...

  • 漏れる歓声

    漏れる歓声

    満月+1日目 今日まで、バラフエダイの放精放卵が狙えます。 確実にバラフエダイの...

写真一覧

最新のコメント