復活ペリリューブルー

| コメント(0) | トラックバック(0)

台風の影響があり、透明度が若干、落ちていましたが
ペリリューブルー、復活です。
透き通る海、真っ青です。
このブルーの中をロウニンアジの群れをただ一点、射止めるために潜ります。
毎ダイブ毎ダイブ、勝負です。

流れは、エキスプレスの流れが強め。一見テッパン宣言を出せそうですが、
潮見の際に、ロウニンアジの群れが見つからず。。。

なぜでしょう。今、ちょうどここから流れが強くなり、
ロウニンアジの群れもこの流れの定位置に追いついていないと考え、

テッパンの流れ通りの場所からエントリーです。
しかし、やはり先端までいません。。。。

そして流れも緩くなってきています。
これはまずい。。。

ロウニンアジの群れは流れを感知して、先回りまりしていたのでしょうか。
と、なると泳ぐ先は、ENDO岩付近の沖です。

やはりです。
奴らは上空に居ます。

さてどのようにし群れの先端に立てばいいのでしょうか。
それはご一緒に潜らせていただいてからのお楽しみ!!!

rouninnaji2012-1230.jpg

やはり真正面が好きです。

ペリリューブルーの中を本日も楽しく潜ります。

blue2012-1230.jpg

12月30日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリュードロップオフ
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

突き刺さる視線

| コメント(0) | トラックバック(0)

非常に緩やかな流れです。
エキスプレス側から狙いを1点に絞ってダイビングします。
その狙いは、もちろんペリリューの名物、ロウニンアジの群れです。

エッジ沿いをくまなく探します。
波、うねりの影響もあって透明度が若干落ちているので、くまなくです。

ENDO岩を過ぎてもまだ、見つからず、、、、。
段々焦ってきますが、ここまでくまなくですから、己を信じて進むのみです。

先端までそろそろです。
これはまずい。。。。いない。。。
と思ったら、期待は裏切りません。

rouninnaji2012-1229.jpg

そり立つペリリューコーナーの先端から降り注ぐロウニンアジの群れです。
ロウニンアジの視線がビンビンに感じます。
一直線になんの躊躇もなく進んでくるロウニンアジの群れに逞しさを感じます。

見るだけではなく、群れの中に入ります。

rouninnaji2012-12291.jpg

最高です!!!!!

また、先端ではブラックフィンバラクーダも群れています。

baraku-da2012-12291.jpg baraku-da2012-12292.jpg

午後はねっちりマクロです。
ミクロネシア固有のオレンジフィンアネモネフィッシュの卵です。

orenge2012-1229.jpg

もうすでにこのログを書いているときには、ハッチアウトはしているのではないでしょうか。

熟れうれです。

かんざしやどかりです。

kanzashiyadokari2012-1229.jpg

そのものも大事ですが、やはり、写真のバックも大事と感じさせてくれる1枚です。

12月29日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 オレンジビーチ
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

明日への期待

| コメント(0) | トラックバック(0)

満月です。
数は十分にいます。多いですバラフエダイ。
しかし、何が気に入らないのでしょう。。。。
放精放卵に結びつきません。

barafuedai2012-1228.jpg

先端に集まるだけ集まって、何もしないで帰っていきます。
翌日に放精放卵、大爆発を期待をします。

日中時は、流れが先端に向かわずでしたが、
なんとかたどり着いた先端でロウニンアジとバラクーダのコラボレーションです。

rouninn baraku  2012-1228.jpg

次のダイビングでは、ロウニンアジの群れをエキスプレスから狙います。
こっちからのエントリーは通常、のんびりです。
ただ流れに身を任せるだけ。。。。

でもロウニンアジの群れが出たら、どのエッジから湧き上がってくるのか
我々ダイバーは、機敏に動きます。動きを感知します。

roninn2012-1228.jpg

そしてこのタイミングです。

午後はのんびり三昧。
どのベニハゼがお好きですか。

yellow2012-1228.jpg benihaze2012-1228.jpg matsuge2012-1228.jpg

下のマツゲベニハゼ(通称)なんていかがでしょうか。
目のところに、白いまつ毛がチャームポイントです。

12月28日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 アンティアス#2
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

祈りを捧げ

| コメント(0) | トラックバック(0)

満月1日前です。
早朝ダイブのお店の出発の時に、南十字星に祈りを捧げます。

流れは、エキスプレスの流れ、若干、いや、ほとんどありません。
うごめくバラフエダイの群れがまだかまだかと、放精放卵のタイミングを狙っています。
そしてコーナーの沖には、黒い影。

bull2012-1227.jpg

ブルシャークです。このふてぶてしい体幹がうごめいています。
ど迫力!圧倒的な存在感!たくましいです。好きです。

日中時は、テッパンの流れ。
ロウニンアジの群れに果敢に挑みます。

roninn2012-12272.jpg roninn2012-12271.jpg

そして、寄り切ってシャッターを切ります。

roninn2012-12273.jpg

ダウンカレントの中でロウニンアジもそのダウンカレントに果敢に挑んでます。
我々ダイバーには見向きもせず、棚中へ湧き上がってきます。
その真正面に向かってくるロウニンアジの顔がりりしくてりりしくて、たまりません。

自分の撮った写真をよく見ていると、非常に黄色が多いことに気づきました。
今日も黄色で行きます。

yellow 2012-1227.jpg

イエロードワーフゴビーです。
ペリリューのドロップオフの至る場所に居ます。
個体も多いので、非常に狙いやすいです。

〆のキャンベックも黄色で〆ます。

kiirosanngohaze2012-1227.jpg

小指の爪の2分の1サイズのキイロサンゴハゼです。
黄色は幸せを運んできます。

12月27日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカット
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリュードロップオフ
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

様子見

| コメント(0) | トラックバック(0)

満月本番に向けて、着実に時は進ます。
早朝ダイブは、本日、まだ日が昇らぬ暗い中、のエントリーです。
ISO6400にしても写真が撮れないのは分かったうえでのエントリーです。

先端までは、カットからコーナーの流れです。
アップカレントに捕まらぬように、進みます。

その進んでいる際にすでにバラフエダイの群れが列をなしています。
すでに戦闘態勢が崩れています。
放精放卵をする気配がありません。

本日は様子見という感じでしょう。

barafuedai2012-1226.jpg

同じく、私たちダイバーも様子見です。
決戦は明日です!!!

日中時は早朝と同じく、カットからコーナーの流れ。
無理をしてロウニンアジの群れを狙わず、バラフエダイの群れを追い込みます。

barafuedai2012-12261.jpg

ペリリュー7ドロップオフでは、ベニハゼ探し。

okinawabenihaze2012-1226.jpg

オキナワベニハゼです。
この顔たまりません。

12月26日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ペリリューブルー復活

| コメント(1) | トラックバック(0)

うねりが段々と弱まってきています。
それに伴い、透明度が回復しています。
ペリリューブルー復活です。

満月3日前です。
すでにペリリューカットには、4,5000匹のバラフエダイが群れています。

barafue2012-1225.jpg

台風の影響で心配でしたが、いつ通りの数が群れそうです。

ペリリューエキスプレスからのエントリーでは、
非常にのんびりした流れのなか、エントリーです。
先端付近で群れているかな?と油断をしていました。
かなり手前の方、沖側で群れています。

必死にダッシュをかけます。
棚中に逃げられては、負けですからね。

roninn2012-1225.jpg

何とか追いやって、撮れた写真です。
ロウニンアジの深場からの湧き上がりを期待していたのですが、一行に見えず。。。。
残念でしたが、浮上途中にグリーンマンタ発見です。

himeito2012-1225.jpg

11月にも見ています。同じ個体でしょうか。

午後のオレンジビーチでは、比べてみましょう。

gingameaji2012-1225.jpg

ギンガメアジとロウニンアジの群れ。
ギンガメアジも群れで言いですが、
やはりロウニンアジの群れの方が好きと感じた1本でした。

12月25日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 オレンジビーチ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

3日ぶりのテッパンの流れです。
この流れをどれだけ待ちわびたことか。。。。。
待ちくたびれそうでした。
さぁこの貴重なチャンスは、必ずや、ものにします!!!!

エントリーはカットからです。
うねりと台風の影響でしょう、白濁して非常に透明度が悪いです。
満月に向けてバラフエダイも群れ始めてきておりますが、
遠遠くからでは見えません。
いきなりバラフエダイという感じです。

そのバラフエダイを見終わったところから、
エキスプレスの流れ、テッパンの流れがかかり始めます。

そして、そのテッパンの中には、恋しく、愛しいロウニンアジの群れが待っています。
沖に持って行かれないように、要注意をしながらですが、
ロウニンアジの群れと戯れます。

roninnaji2012-1224.jpg roninnaji2012-12241.jpg

先端付近では、幾分か透明度は回復しています。
その気持ちがいいペリリューブルーを、ダウンカレントを抜けてエキジットです。

〆のキャンベックでは、セグメンデットブレニーです。

segumenn2012-1224.jpg

蝶ネクタイをしているようです。
立派なものです。

12月24日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリュードロップオフ
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

信じて進むだけ

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日に引き続き、透明度が悪いです。
うねりが砂を巻き上げているようです。
そのミルキーウェイ状態のペリリューコーナーで
ロウニンアジの群れを見つけるのは至難の業です。

それでは、見つけるのではなく、感じて探します。
どの流れの時にどこにいるのかは、熟知しております。
己を信じて、突き進みます。

上空に何か心を引き付けるものを感じます。
そして、体が勝手に寄っていきます。
実際には、ダッシュをかけておりますが。。。

目の前です。
ロウニンアジの群れ。大好きです。

roninn2012-12231.jpg

この湧き上がってくるロウニンアジの群れ、たまりません。

roninn2012-12232.jpg

ペリリュードロップオフでは、このおとぼけ顔のメガネベニハゼ。
唇もかわいいです。

meganebenihaze2012-1223.jpg

本日は、小雨が降り続く寒い日でしたが、
〆のキャンベックダイブは、欠かせません。
パンダダルマハゼが見つかりました。
写真は難しいです、次回、狙ってみます。

12月23日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリュードロップオフ
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

タイミング

| コメント(0) | トラックバック(0)

まだまだ強い北東の風が続きます。
ペリリューコーナーを潜るのには、タイミングが非常に重要になります。
そのタイミングとは、流れの角度です。
風の向きと流れの向きが180度違う場合には、
波と風が大喧嘩を始めます。

大喧嘩とは、お互いのベクトルが違うので、水面は、非常に波立ちます。
うさぎがぴょんぴょんと跳ねます。白波が立ちます。
エントリーができてもエキジットが難しくなります。

今日は、90度違う感じです。
かなりの波は立っていますが、行けそうです。

カットからコーナーに向かいます。
うねりが入ってきているのですこぶる透明度が悪いです。

白!白!!白!!!

その中に、ロウニンアジの群れが出ますが、写真が撮れません。。。。
誇張して言いますとミルキーウェイにロウニンアジの群れが出た感じです。

先端では、2匹のマダラトビエイがホバーリング。
気持ちよさそうです。気合を入れて写真です。

madaratobiei2012-1222.jpg

〆のキャンベック湾内では、
キイロサンゴハゼ、ギンガハゼ、マンジュウイシモチ、など定番ですが
そんな定番がすぐ湾内に居るその環境がキャンベックです。
80分近く潜っていました。

12月22日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 アンティアス#2
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

テッパン様

| コメント(0) | トラックバック(0)

非常に北東の風が強く、ペリリューコーナーの上では、
ウサギがぴょんぴょんと跳ね白波が立っております。

その中を潜るには、テッパンの流れが必要です。
流れと風向きが一緒になるので幾分かは、水面が滑らかになります。

さぁ実際に、コーナーの流れは、、、ん テッパンです。
流れは味方に付いています。テッパン様 です。

エントリーです。
波とうねりで砂が舞い上がり、透明度は悪いですが、
エッジに隠れる時には、もう目の前には、ロウニンアジの群れが!!!

うまく追い込んで、上空にいるロウニンアジが一気に下り落ちる
その瞬間に、突っ込みます。

roninn2012-12211.jpg roninn2012-12212.jpg

いい感じです。

早朝の時ですが、ペリリューカットの裏の
砂地にカンムリブダイが50匹ぐらいは群れています。

kanmuribudai2012-1221.jpg

台風の影響できた砂地が好きなようです。

アンティアス#2では、まるで仮面ライダーアマゾンに変身します。

beni2012-1221.jpg

ベニツケタテガミカエルウオです。
興奮するとここまで色が変わるのですね。

12月21日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリュードロップオフ
3本目 アンティアス#2
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

一瞬の隙

| コメント(0) | トラックバック(0)

非常に北東の風が強くなってきております。
その風が強くなるとうねりもやってきております。
本日は、1日中雨。寒かったです。今夜は鍋ですね。

早朝は、久しぶりテッパンの流れです。
このチャンスをしっかりと、ものにします。来たチャンスは、逃さずです。

余裕をもってカットの棚中からエントリーですが、
台風の影響でしょう、地形が変わってきています。
そして、流れが強い中、なんとか成長していたサンゴが皆なくなってしまっています。
ナンヨウハギが居場所がなくなって、右往左往しているのが気になります。

しばらくするとカットが見えてきます。
非常に流れが強いので、台風で舞った砂で少々白濁していますが、
もうそこには、ロウニンアジの群れが待っています。

roninnaji2012-12191.jpg

ドンぴしゃです!!
ロウニンアジの群れと戯れていると、沖からツムブリの群れも混じってきます。

roninnaji2012-12192.jpg

そして先端です。
本日、最大の後悔。。。。いや今年最大の後悔。。。
写真がありませんが。。。。

出たんです。バショウカジキ。
本当に目の前です。

慌ててしまい、フィンが脱げてしまって、さぁ大変。。。まずはフィンを取りに。
もうそこには、カジキはいなくなっていました。。。。
一瞬の隙をつかれました。

オレンジビーチでは、メガネスズメダイです。

meganesuzumedai2012-1219.jpg

色彩、きれいです。

12月19日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 オレンジビーチ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

台風の爪痕

| コメント(1) | トラックバック(0)

まだまだ台風の爪痕が残るペリリューです。
ペリリューコーナーの上から、平和記念公園の岬を撮った写真です。

peleliu2012-1218.jpg

木が至る場所で倒れ、塩害でしょう、植物が茶色になっています。
そして、海の中は、雪が積もったかのようになっています。
砂が積もっています。

ペリリューにきれいなキイロチヂミトサカ、黄色のイボヤギが苦しそうです。
流れが当たっている場所では、その雪もふり払われているので、
すぐに回復すると思います。

本日のペリリューコーナーですが
安定してカットからコーナーへの流れです。

このような流れの時は、ロウニンアジの群れは難しいので
エッジ沿いをゆっくりゆっくりと流します。

魚は、通常通りといった感じです。

もう1本は、台風の被害は、東側に集中していますが、
西側のアンティアス#2を潜ります。

たくさんの岩が上から落ちてきたのでしょう。
アケボノハゼが、見つかりません。
かろうじて見つかったのは、極小のヘルフリッチ。寂しいです。
しかし、ここはアンティアス#2、マクロネタはすぐに見つかります。

maruchi2012-1218.jpg

マルチカラーエンジェルフィッシュの幼魚です。
眼上班があります。美しい、そして若い。いいですね。

あとは、マクロネタを。

kudagonnbe2012-1218.jpg beni2012-1218.jpg

12月18日のポイント

1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 アンティアス#2

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン
上へ

ブログの最新記事

  • 復活ペリリューブルー

    復活ペリリューブルー

    台風の影響があり、透明度が若干、落ちていましたが ペリリューブルー、復活です。 ...

  • 突き刺さる視線

    突き刺さる視線

    非常に緩やかな流れです。 エキスプレス側から狙いを1点に絞ってダイビングします。...

  • 明日への期待

    明日への期待

    満月です。 数は十分にいます。多いですバラフエダイ。 しかし、何が気に入らないの...

  • 祈りを捧げ

    祈りを捧げ

    満月1日前です。 早朝ダイブのお店の出発の時に、南十字星に祈りを捧げます。 流...

  • 様子見

    様子見

    満月本番に向けて、着実に時は進ます。 早朝ダイブは、本日、まだ日が昇らぬ暗い中、...

  • ペリリューブルー復活

    ペリリューブルー復活

    うねりが段々と弱まってきています。 それに伴い、透明度が回復しています。 ペリリ...

  • 恋しく、愛しいロウニンアジ

    恋しく、愛しいロウニンアジ

    3日ぶりのテッパンの流れです。 この流れをどれだけ待ちわびたことか。。。。。 待...

  • 信じて進むだけ

    信じて進むだけ

    昨日に引き続き、透明度が悪いです。 うねりが砂を巻き上げているようです。 その...

  • タイミング

    タイミング

    まだまだ強い北東の風が続きます。 ペリリューコーナーを潜るのには、タイミングが...

  • テッパン様

    テッパン様

    非常に北東の風が強く、ペリリューコーナーの上では、 ウサギがぴょんぴょんと跳ね...

写真一覧

最新のコメント