ロウニンアジの群れを追うことに愛を感じている加藤です。
最近、そのことがただの執着ではないかと、うすうす気が付いております。
しかし、どんな流れでも出会いを求めてロウニンアジの群れを
追いかけます。追い続けます。

昨日はテッパン。
本日は、ロウニンアジの群れの機嫌が悪いようです。
流れがほとんどありません。。。

流れは味方してくれません。
己自身で、勝負を付けます。

エキスプレスからのエントリー。
棚外、棚中と見落としが無いようゆっくりと先端へ進みます。

ちょうどENDO岩付近、お目当て、発見。
逃げられぬように、先端へゆっくりゆっくりと追い込みます。

あともう少しというところです。

ん!んん!
ものすごく高速で動く、きらきらが足元、棚下40メートル付近にてあり。
一気に目標物を変更。

これって浮気?これ以上の良い物ができたら、すぐに浮気をする。
これ自然界の法則。

suma2012-04242.jpg suma2012-04243.jpg

スマの大群です。
2000匹はいます。

suma2012-04241.jpg

来た!!と思ったら、あっちに。。。
そして、また来た!!!と思ったらあっちに。。。
の繰り返しです。

ロウニンアジの群れはそっちのけで楽しみました。

午後はマクロ、のんびり。
水深27メートルでヘルフリッチ、シコンハタタテハゼ発見。
水深が浅いので、粘れそうです。

本日の一押しは、このまつ毛。

matsugebenihaze2012-0424.jpg

目の上にまつ毛のエクステンションをつけています。
ベニハゼ界でもエクステが流行っているようです。

4月24日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

さすがのテッパン

| コメント(0) | トラックバック(0)

気持ちがいい日、海況が続いております。

baburu2012-0423.jpg

久しぶりにボート上から水面を見ただけでテッパン宣言が出せます。
ほら、水面をご覧くださいませ。
この水面が、テッパンです。
見ただけで、わくわく、ぞくぞくします。

まずはカットでのエントリー。
まだ潮が当たっていないためでしょう。水中はどんより。
棚に隠れて、先端を目指します。

すると、急に突然、視界が開けてきます。
同時にお目当てのロウニンアジの群れです。

まずは、様子見です。
どのようにして先端付近にて、湧き上るロウニンアジの群れを射止めるかです。

しかし、流れはテッパン。
さほど苦労もせずに、ロウニンアジの群れは、一旦視界から消えます。

後は、簡単です。
先回り、先回り。

足元からキラキラが近づいてきます。GO!!!!!

roninn2012-04231.jpg roninn2012-04232.jpg

まぁっ!こんな感じです。
さすがテッパン!!

roninn2012-04233.jpg

アンティアス#2では、ハナゴンベの幼魚です。

hanagonbe2012-0423.jpg

どうじて、こんなにかわいいのでしょうか。
水深12メートルで見つけてしまいました。
この深度なら、撮れるまで粘ることができます。

昨日に引き続き、午後はペリリュードロップオフを流します。
フレームエンジェルフィッシュです。

hure-muennjeru2012-0423.jpg

ミクロネシアを代表する魚の一つです。

4月23日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 アンティアス#2
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

気持ちがいい!!

| コメント(0) | トラックバック(0)

久しぶりにカットからコーナーの流れが入っています。
この流れは、ロウニンアジの群れを狙うには、難しい。。。
しかし、この流れも私、加藤は大好きです。

カットからエッジを流します。
この流しているときに、ツムブリとグレイリーフシャークが
なんと気持ちよさそうにしているではありませんか。

gureiri-hu2012-0422.jpg

サメと私も一緒に泳ぎます。

tsumuburi2012-0422.jpg

ツムブリが一斉に立ち上がります。

ペリリューカットには、3月のイレズミフエダイの時から居ついているタマカイです。

tamakai2012-04221.jpg tamakai2012-04222.jpg

本日もタマカイのサインはお決まりのポーズでした。

4月22日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

本日のミッション

| コメント(0) | トラックバック(0)

立ち向かってくる強靭な泳力のあるロウニンアジの群れを
どのように射止めるのかがペリリューのガイドの見せ所です。

今日は、緩やかにペリリューエキスプレスの流れ。
エッジのすぐ上でエントリー。
ENDO岩にすぐに到着です。
ここから払い出しの流れが始まります。

まずはお目当てのロウニンアジの群れは見つかります。
ここからが必殺お仕事人です。

少々泳ぎますが、ブツにちょっかいを掛けます。
すると、どうでしょう、まずは、群れが大河のように棚の下に落ちていきます。

一度は視界から消えます。
しかし、慌てません。これも作戦のうち。

慌てることなく、湧き上ってくる場所に先回りです。

roninn2012-04211.jpg roninn2012-04212.jpg

今日のミッション成功です。
立ち向かってくる強靭な泳力のあるロウニンアジの群れを
射止めることに成功です。

マダラエイのマーブルに遭遇。

madaraei2012-0421.jpg

早朝では、カットで会い、日中は、ENDO岩付近です。
隠れたペリリューコーナーの主、守り神なのでしょう。

4月21日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューコーナーからカット
3本目 オレンジビーチ
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

強者たちの夢の跡

| コメント(0) | トラックバック(0)

強者どもの夢の跡。。。
ペリリューコーナーには、イレズミフエダイ、1匹もいません。
あんなに居たのに。。。
いつものペリリューコーナーに戻っています。
ロウニンアジの群れを狙います。

roninn2012-04201.jpg roninn2012-04202.jpg

途中に、ヒメイトマキエイです。ロウニンアジの群れを引き連れます。

himeitomakiei2012-0420.jpg

マダラトビエイ。

madaratobiei2012-0420.jpg

オオテンジクザメは、ENDO岩に隠れています。

ootennjikuzame2012-04201.jpg ootennjikuzame2012-04202.jpg

と、脇を固めてくれますが、最初に言った通り、
強者たちの夢の跡です。

午後は、ドロップを流します。

tsumuburi2012-0420.jpg

ツムブリに囲まれ、幸せです。

4月20日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ロングエキスプレス
3本目 ペリリュードロップオフ
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ジンベイスイム

| コメント(1) | トラックバック(0)

百聞は一見にしかず。
まずは、以下をご覧下さいませ。

jinnbei2012-04191.jpg

出ました。ジンベイザメ。体調6メートルほどはあります。

イレズミフエダイの放精放卵を狙うブルシャーク、カマストガリザメを探して深場に
眼をやります。

我々ダイバーは、イレズミフエダイの群れの中に居るので、そのイレズミフエダイの雲が
切れた時しか、棚が見えません。
その雲が切れた瞬間です。

ん?んん?んんん?

お目当てのブル?にしては大きい。
そして、縞模様!!!!
ここから始まりました。
ジンベイスイム。

足元から登場

jinnbei2012-04195.jpg

段々と近づきます。

jinnbei2012-04196.jpg

模様がはっきり見えてきます。

jinnbei2012-04197.jpg

ロウニンアジの群れがジンベイザメの背後から湧き上ります。

jinnbei2012-04198.jpg

あとは、悠々とジンベイスイムを心から楽しみます。

jinnbei2012-04192.jpg jinnbei2012-04193.jpg jinnbei2012-04194.jpg

春のイレズミフエダイの群れ、放卵放精時に毎年ジンベイザメが
出ております。
私、加藤、ペリリュー7年目になりますが、
今年は、一番近くで見ることができました。
ダイビングって世界一、宇宙一、素晴らしい!!!

4月19日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 アンティアス#2
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

昨日に引き続き写真のみ更新です。
お許しくださいませ。

kamasutogarizame2012-04182.jpg kamasutogarizame2012-04181.jpg tamakai2012-04191.jpg

カマストガリザメとスイミング カマスイム
タマカイと発見 玉、あり
でした。

以下はブルーコーナーです。

gurei2012-0418.jpg baraku-da2012-0418.jpg

4月18日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューコーナー
3本目 ブルーコーナー
サンセット ブルーコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

カマスイム2 2012 APR

| コメント(0) | トラックバック(0)

ログを更新する時間がなく潜っております。
取り急ぎ、写真のみです。

kamasutogarizame2012-04171.jpg kamasutogarizame2012-04172.jpg kamasutogarizame2012-04173.jpg irezumihuedai2012-0417.jpg hekoayu2012-0417.jpg canbeck2012-0417.jpg chouchouuo2012-0417.jpg

4月17日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス 
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 イエローウォール / ペリリュードロップからアンティアス#2
4本目 キャンベック

ミッドナイト1本目 アンティアス#2
ミッドナイト2本目 アンテイアス#2

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

カマスイム 2012 APR

| コメント(0) | トラックバック(0)

カマストガリザメと一緒になって、イレズミフエダイの放卵放精の中を
駆け抜けます。これぞ、カマスイムです。

kamasutogarizane2012-04161.jpg

体のラインに沿っての筋肉のような線がたまりません。
そそります。

サイズが小さいですが、ブルシャークもイレズミフエダイの下をうろうろといます。
いつでもチャンスを狙っているかのようです。

お客様、同時で写真を撮ります。

irezumihuedai2012-0417.jpg

放精放卵の後には、ペリリューコーナー、非常に透明度が落ちています。
白濁しています。
いかに放精放卵が激しく、ものすごい量で行われたのが分かります。

午後はイエローウォールへ。
イレズミフエダイの群れの数を確認です。

irezumihuedai2012-04162.jpg

明日も放精放卵、ビックイベントは続きます。

4月16日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス 
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューコーナー
3本目 イエローウォール
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

匂い

| コメント(0) | トラックバック(0)

ついに本格的にイレズミフエダイの放卵放精が始まりました。
非常に流れが強いので、エッジに捕まっての勝負です。

すぐに捕まった所から、ダウンカレントが始まります。
このダウンカレントために、我々ダイバーの吐いた泡がどんどんと群れの中に
流れていきます。

irezumihuedai2012-0415.jpg

この勝負がたまらなく好きです。
このイレズミフエダイの放卵放精を狙ってくる強者たちの匂いがプンプンします。

本日は匂いのみでしたが。。。。
この群れの中に強者が居るのでしょう。

ブルシャーク、カマストガリザメとの匂いで感じます。

匂い以外にも、ムラムラを感じ取ってくる物たちも居ます。
婚姻色が非常にはっきりと見えます。

午前中の1本目のエキスプレスでは、カンムリブダイの婚姻色もちらほらと。
相手を必死こいて探しているかのようでした。

4月15日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス 
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 オレンジビーチ
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

その瞬間

| コメント(0) | トラックバック(0)

X DAY が来ました。
本日、早朝ダイブです。

ついに、イレズミフエダイの放卵放精が始まりました。
爆発的では、ありませんが、先日の早朝ダイブと比べても、
イレズミフエダイのムラムラ度が違います。
婚姻色の個体が目立ってきました。

その目立った婚姻色がいると思った瞬間です。
放卵放精です。
桜が散るように、イレズミフエダイが舞います。

この瞬間にかけているイレズミフエダイ。
この瞬間を狙うダイバー。

その瞬間を大事にします。

日中時は、イエローウォールで果敢にイレズミフエダイの群れに挑みます。

irezumi2012-04141.jpg irezumi2012-04142.jpgirezumi2012-04143.jpg

2本目では、マダラトビイエイ、久しぶりに遭遇。

madaraei2012-0414.jpg

午後はまったり。 メリハリをつけていきましょう!

4月14日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス 
1本目 イエローウォール
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

挑戦は続く

| コメント(0) | トラックバック(0)

早朝からミッドナイトまで潜り倒します。

イレズミフエダイの群れは、日に日に大きくなっております。
果敢にも、群れに挑戦します。

irezumi2012-04131.jpg

どの角度で近づけば、寄ることができるのか?を常に考えて潜ります。
ただ、群れの大きさに圧巻です。

irezumi2012-04132.jpg

そして、たまには、穴倉を覗いてみましょう。

red2012-0413.jpg

レッドストライプドバスレットです。
非常にシャイな魚です。
フチドリハナダイの近くに居ますが、出たと思ったらすぐに引っ込む。
チャンスを狙った一枚でした。

そして、夕飯を食べた後の、ミッドナイトダイブ。
前回に同じく、坂上次郎 氏 (以後 JIRO氏)の
主催するツアーに同行させていただきました。

mid2012-0413.jpg

宇宙に挑みます。

4月13日のポイント

早朝 ペリリューエキスプレス 
1本目 イエローウォール
2本目 ロングエキスプレス
3本目 ペリリュードロップオフ

ミッドナイト 1本目 アンティアス#2
ミッドナイト 2本目 アンティアス#2

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

桜吹雪

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日に比べて、数が増えています。
しかし、その数もどのように数えていいのか?
わからなくなる量のイレズミフエダイが、イエローウォールに群れています。

若干、昨日より透明度が落ちています。
春濁り?いや、昨夜の雨の影響でしょう。

思う存分にイレズミフエダイの群れを満喫です。
群れをこのようにして割る瞬間がたまりません。

irezumihuedai2012-0413.jpg

上下360度、左右360度イレズミフエダイの群れに囲まれます。
ペリリューの桜吹雪です。

2本目は、のんびりとペリリューエキスプレスを流します。
潮の当たっているエッジには、マダラトビエイ×2、そして、また沖には
ヒメイトマキエイ×1とエイによく遭遇します。

himeitomakiei2012-0412.jpg okyaku2012-0413.jpg

定番のロウニンアジの群れは先端付近に。
ブラックフィンバラクーダの群れを囲うようにしています。
まさに、カーテンです。
そのカーテンが、一瞬にして深場に落ちていく瞬間がロウニンアジの見どころでした。

4月12日のポイント

1本目 イエローウォール
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

満月過ぎ、すでにペリリューは次のビックイベントの準備中です。
イレズミフエダイ、2,3分咲きとでも言いましょうか。
しかし、十分の量のイレズミフエダイが群れています。

イレズミフエダイの寄り方にはコツがあり。
ただ追うだけでは、逃げられてしまいます。
押してダメなら、引くのも大事。
恋の駆け引きです。

この恋が実る時に、ここまで寄ります。

irezumi2011-0411.jpg

トリミングなしです。
真正面。少々、息を我慢していますが。。。

写真はありませんが、イレズミフエダイの群れの下には、
シルキーシャークがうろうろと臨戦態勢。
続々と主役級が集まってきています。

ペリリューの桜、満開まであと少しです。

irezumi2011-04112.jpg

4月11日のポイント

1本目 アンティアス#2
2本目 イエローウォール

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

満月過ぎて。。。

| コメント(0) | トラックバック(0)

満月も過ぎ、バラフエダイの群れはいずこへ。。。
また、来月の満月までお預けです。

しかし、満月を過ぎてもロウニンアジの群れは、健在です。
最近は、しっかりしたエキスプレス流れがなかなかありません。
テッパン待ちとでもいいましょうか。

のんびりした流れに、ロウニンアジの群れが悠然と泳いでいます。
アプローチの仕方を少し変えるだけで、群れの中に突っ込むことができます。

roninn2012-04081.jpg roninn2012-04082.jpg

やはり、アジの王様です。

そして、久しぶりにマクロで攻めてみます。
まずは、2月下旬ぐらいから根づいているマルチカラーエンジェルフィッシュの幼魚です。
少しずつ大きくはなっていますが、眼状班ははっきりと見えます。

maruchikara-2012-0408.jpg

皆様はどちらがお好き?

heruhuricchi2012-0408.jpg

ヘルフリッチVSアケボノハゼ

akebonohaze2012-0408.jpg

お好みでゆっくりと写真を撮っていました。

次の新月のビックイベントまで、のんびりした時間がペリリューに流れています。

4月8日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 アンティアス#2
3本目 オレンジビーチ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

もっと果敢に攻める

| コメント(0) | トラックバック(0)

満月です。
早朝ダイビングに向かう途中、沈む月を見ながらのキャンベック、港からの
出航です。月は、1日40分ぐらいずつ沈むのがズレます。
毎日、早朝ダイブに行っているので、
この月の傾き具合で、バラフエダイの放卵放精がどのくらいあるのかが
分かる気がします。

今日はイケる!!!

もっと果敢に攻めます。!!!

エントリーは、位置は上がれによって決めます。
どのぐらいの時間をかけて先端に行くことができるのか、が大事です。
DECOとの戦いでもあるので、エントリーをギリギリまで待ちます。

今だ!この時間!

エントリーです。
30秒もしないうちに先端に到着。

先端のエッジにつかまります。
バラフエダイの大きな、大きな巨大な塊が棚の中にうごめいています。
その塊に、覆いかぶさりようにロウニンアジの群れが降ってきます。
コラボです。

そしてその塊が先端から離れて、沖で大爆発、大放卵放精を始めます。
沖に出ます。

ブルシャークの目の前まで果敢に攻めます。

bull2012-04071.jpg

一瞬、気がひるみますが、ブルの逞しい体に惚れ惚れします。

bull2012-04072.jpg

その脇では、バラフエダイの大放卵放精です。

barahuedai2012-0407.jpg

音まで聞こえてきます。

日中時は、ロウニンアジの群れを果敢に攻めます。

roninnaji2012-04071.jpg

この湧き上ってくる瞬間にすべてをかけ、駆け抜けます。

roninnaji2012-04072.jpg

寄って!

ロウニンアジになって

roninnaji2012-04073.jpg

そして、一緒に沸き上ります。

roninnaji2012-04074.jpg

ペリリューコーナーは、ロウニンアジの群れだけではありません。

ブラックフィンバラクーダもいます。

baraku-da2012-04071.jpg

果敢に攻めた一日でした。

4月7日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 オレンジビーチ
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ブルシャーク出会いは先端に。
攻めます。
棚外、中層でずっとずっとブルスイム。
ずっとブルスイム。
もっと、もっと攻めます。
かなり近づいてシャッターチャンス。

bull2012-04063.jpg

バラフエダイの放卵放精の玉状になった塊の周りを
うろうろ、うようよしています。

bull2012-04062.jpg

下からもあおってシャッターチャンス。

bull2012-0406.jpg

この体幹がたまりません。
1年に12回の楽しみの満月です。

満月-1です。
ロウニンアジも数が非常に増えています。
増えているロウニンアジの群れのアプローチの仕方にコツがあります。
まず、一旦は逃げられてしまっても、あきらめない事。

そして、深場に逃げて行ったロウニンアジの群れは、必ず湧き上ってきます。
そのチャンスは、必ずや捕まえます。形にします。
背中に付いてきてください。

roninn2012-0406.jpg

皆がチャンスを待ちます。
その沸き上った時にシャッターチャンス。

roninn2012-04061.jpg

やはりアジ科の王様です。ロウニンアジ。
午後は、午前中の攻めのダイビングではなく、のんびり。
順光になるドロップオフを流します。

pd2012-0406.jpg

赤、青のコントラストが非常にきれい。
メリハリのある一日でした。

4月6日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ターゲットは

| コメント(2) | トラックバック(0)

満月3日前です。
放卵放精が始まります。
通常は、2日前からですが、綿密なデータから今日とわかっていたので、
早朝ダイビングのお迎えの時間は、5時。
まだ、真っ暗です。

ここでチャンスを狙います。
日の出とともに始まる放卵放精にJUST合わせます。

JUST CORNER でエントリーします。
エントリーしてすぐに、まさにコーナー。
着底した瞬間から、放卵放精が始まります。

barahuedai22012-0405.jpg

あたりが段々と白濁して透明度が落ちていきます。
この白濁がまさにバラフエダイの放卵放精。
一気に始まるからです。
イレズミフエダイの放卵放精では、見ることは、まず、ありません。
この迫力がたまりません・バラフエダイの魅力です。

日中時は、バラフエダイに焦点を合わせて、ターゲット絞ります。

barahuedai2012-0405.jpg barahuedai12012-0405.jpg

そして、午後はゲメリス方面へ。
4月なのにツノダシが群れています。

tsunodashi2012-0405.jpg

季節が1か月遅れているような気がします。

また、サンセットダイブには、クロヒラアジの群れです。

kurohiraaji2012-0405.jpg

ツノダシと絡んだりして非常にきれいでした。

4月5日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカット
3本目 ブルーホール
サンセット ブルーコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

今日は4月4日。特別な日というわけではありません。 さて、満月に向けてバラフエダイが集まってきました。
同じく、お客様も潮に合わせて、ペリリューにお越しいただいております。

バラフエダイの群れも大きくなってきています。
ぞくぞくと集合です。

ロウニンアジの群れを堪能した後は、キャンベックに戻って水面休息ですが、
私たちが、加藤がエキジットしたすぐ近くに、、なにか浮いています。

赤いです。

オペレーターのリンゴが素手でつかみあげます。
立派な魚です。

nani2012-0404.jpg

でもね、素手で捕まえるぐらいです。
後ろは、

nani22012-0404.jpg

半身なしです。
でもまだ、生きています。
やられたばかりなのでしょう。

何にって!
サメですね。ブルシャーク、クロトガリザメだったのでしょうか。
今、加藤が潜っていたペリリューコーナーです。
少々、怖くなってしまいました。

そして、本日のロウニンアジの群れです。

roninnaji2012-0404.jpg

〆のキャンベックは、

akahoshikinsenishimochi2012-0404.jpg

アカホシキンセンイシモチです。

4月4日のポイント

1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューコーナー
3本目 アンティアス#2
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン
上へ

ブログの最新記事

  • 愛と執着2 その先の浮気

    愛と執着2 その先の浮気

    ロウニンアジの群れを追うことに愛を感じている加藤です。 最近、そのことがただの執...

  • さすがのテッパン

    さすがのテッパン

    気持ちがいい日、海況が続いております。 久しぶりにボート上から水面を見ただけで...

  • 気持ちがいい!!

    気持ちがいい!!

    久しぶりにカットからコーナーの流れが入っています。 この流れは、ロウニンアジの...

  • 本日のミッション

    本日のミッション

    立ち向かってくる強靭な泳力のあるロウニンアジの群れを どのように射止めるのかがペ...

  • 強者たちの夢の跡

    強者たちの夢の跡

    強者どもの夢の跡。。。 ペリリューコーナーには、イレズミフエダイ、1匹もいませ...

  • ジンベイスイム

    ジンベイスイム

    百聞は一見にしかず。 まずは、以下をご覧下さいませ。 出ました。ジンベイザメ。体...

  • カマスイム3 玉あり 2012 APR

    カマスイム3 玉あり 2012 APR

    昨日に引き続き写真のみ更新です。 お許しくださいませ。 カマストガリザメとスイミ...

  • カマスイム2 2012 APR

    カマスイム2 2012 APR

    ログを更新する時間がなく潜っております。 取り急ぎ、写真のみです。 4月17日の...

  • カマスイム 2012 APR

    カマスイム 2012 APR

    カマストガリザメと一緒になって、イレズミフエダイの放卵放精の中を 駆け抜けます。...

  • 匂い

    匂い

    ついに本格的にイレズミフエダイの放卵放精が始まりました。 非常に流れが強いので...

写真一覧

最新のコメント