ロウニン感謝祭

| コメント(0) | トラックバック(0)

ロウニン感謝祭!!!
数がどんどん増えています。乾季、真っ盛りです。

棚下から、どんどん湧き上ってきます。
いや、湧き上ってくるそのチャンスを必ずや射止めます。
もう外す気がしません。

rouninn2012-01302.jpg

真正面に先に回り込み、狙いうちです。

見ててごらんこの私
今に乗るわ玉の輿
磨きかけたこの体

rouninn2012-01301.jpg

そうなる値打ちがあるはずよ
弓をきりきり心臓めがけ
逃がさないぱっと狙い撃ち

rouninn2012-0130.jpg

神がくれたこの美貌
無駄にしては罪になる
世界一の男だけ
この手に触れてもかなわない

rouninn2012-01303.jpg

この世は、私のためにある。
リンダも大興奮です。

午後は、ドロップの上でモンツキカエルウオ探し。

monntsuki2012-0130.jpg

つぶらな瞳がたまりません。

そして、〆のキャンベックでは、
ホムラハゼSP???らしきものが。。。。
写真は撮れませんでしたので、撮れたら必ずアップします。

本日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューコーナー
2本目 イエローウォール
3本目 ペリリュードロップオフ
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

私ってキレイ?

| コメント(0) | トラックバック(0)

天気はピーカン。非常に日差しが強いです。
しかし、風はかなり吹いています。

マクロな一日にします。

キャンベックでは、昨日、おとといに引き続き、花魁祭。華やかさ満開です。
オイランハゼです。

背びれをバッチり開かせます。
身体を張って己の逞しさ、そして、美しさをアピールしています。
私ってキレイ?

oirannhaze2012-01282.jpg

しかし、それは己。オイランハゼの後ろには?

oirannhaze2012-01283.jpg

今日は小細工を仕掛けています。反射板です。

雄同士の威嚇合戦と行きたい所ですが、相手は、自分。
背をのけ反る姿勢で、各種ヒレ、口を広げて、
互いに自分の強さをアピールし合います。
しかし、相手は自分。
このままでは、ずっと戦いモードなので、小細工は終了です。

オイランハゼ以外にも、ライトを当てて華やか、ケショウハゼです。
ライトを当てて青点が目立ちます。

keshouhaze2012-0128.jpg

ライトが化粧という事なのでしょう。
頬のチークは青で決まりで、私ってキレイ。

今日もキャンベックは、平和です。

cambeck2012-0128.jpg cambeck2012-01282.jpg

午後は、秘密の場所へ。
セノーテダイビング。ぽい感じです。

himitsu2012-0128.jpg himitsu2012-01281.jpg

絶滅危惧Ⅱ種のドウクツヌマエビとチカヌマエビです。

ebi2012-0128.jpg ebi2012-01281.jpg

本当にたくさんです。

今日は、1本目では、
ベンテンコモンエビ、ソリハシコモンエビ、
イソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、
オトヒメエビ と
エビたくさん、秘密の場所と合わせて、7種。
うーん、かっぱえびせん、食べたいです。

本日のポイント

1本目 ペリリュードロップオフ
2本目 キャンベック
3本目 秘密の場所

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

カットが熱い!!!

| コメント(0) | トラックバック(0)

カットが熱いです。!!!

はるか下、水深40メートル付近から、超巨大な大砲、ドラム缶が近づいてきます。
それも、1つではなく、群れです。
10本以上はあったのでは?

isomaguro2012-0126.jpg

2メートル級、いやそれ以上のイソマグロです。
カットの40メートル付近を旋回しています。

また、早朝では、モロに対して、グレイリーフシャークが敵意をむき出し。
機敏にモロは逃げ回りますが、グレイリーフシャークの捕食にはかないません。

動きのあるダイビングは、心躍ります。

新月後の数少ないと言われるロウニンアジに群れですが、しっかりと寄せれば、
ちゃんといます。

rounin2012-0126.jpg

〆のキャンベックでは、ようやく見つかりました。
オイランハゼ。
こいつを納めるための1本に掛けるのが非常に面白そうです。

oiran2012-0126.jpg

そして、オイランハゼとセットでラグーンシュリンプゴビーもいます。

ragu-nn 2012-0126.jpg

ここも、熱い!

本日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 アンティアス#2
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

落ち着きなく

| コメント(0) | トラックバック(0)

新月は過ぎましたが、まだまだカスミアジの群れは、健在。
イエローウォールでも群れています。

kasumi2012-0125.jpg

数は、ロングエクスプレスより少ないですが、このイエローウォールには、
窪地が多い。ように、落とし穴が多いってこと。
なんか一番に寄りやすいかも。

あと、このポイントは、いつ潜ってもカメが多いですね。

kame2012-0116.jpg

いたるところにいます。

久しぶりにアンティアス#2に行ってきました。
アケボノハゼは、3匹。
まだ、非常に小さいサイズが2個体。
一緒に納めたいですが落ち着きがなく、難しそう。。。

ヨコシマニセモチノウオの幼魚も落ち着きなく、これも納められず。。。
幼魚ってなんでこんなに落ち着きがないの。。。

カットからドロップオフの間に今日は、潮が当たっています。
ということは、ツムブリです。

tsumuburi2012-0125.jpg

〆のキャンベック。
今日一日、天気が悪く、病んでいるのでしょうか?
幸せ探しに行きます。
黄色って幸せ。

ginnga2012-0125.jpg

今日も心が幸せいっぱいです。

本日のポイント

1本目 イエローウォール
2本目 アンティアス#2
3本目 ペリリューカットからドロップオフ
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

恋の落とし穴

| コメント(0) | トラックバック(0)

緩やかなペリリューエキスプレスの流れ。
これって、ロウニンアジの群れには逃げられる可能性が高くなりますが、
カスミアジの群れには、かなり有効な追い方です。
ロングエキスプレスの通称 KATO 場所からエントリーです。
帯状に果てしなく無数のカスミアジの群れが広がっています。
何匹?軽く5000匹は超えています。
昨日と同じ。ただ追ってはダメ。
心、気持ちを込めて。

kasumi2012-01241.jpg

まぁ、そんなキレイごとではなく、棚の上の窪地に追い込むのがベスト。
落とし穴のような感じでしょうか。
恋の落とし穴?
ますます、ストーカーチックになってきています。
息をひそめてゆっくり近づくのが理想です。

そして、潮の当たっているエッジは、ツムブリが何匹いるのでしょうか?
1000、いや2000匹と言ってもいいかもしれません。

tsumuburi2012-0124.jpg

ずっとずっとツムブリです。ずっとずっと囲まれ、ずっとずっと囲まれます。

先端では、主役が控えています。
逃げられやすい流れですが、ハンター加藤は、射止めます。

roninn2012-01241.jpg roninn2012-01242.jpg

1.5~1.0メートル級のロウニンアジの群れに囲まれ、毎日幸せです。

午後はウォールダイビング。
ドロップを流します。

yosuji2012-0124.jpg

ここ、加藤は非常に好きです。
カラフルなヨスジフエダイに囲まれ、海のブルーと黄色が混ざりあいます。

そして夕食時に乾杯!!!

shokuji2012-01241.jpg

夜な夜な続きます。

本日のポイント

早朝 ペリリューカット
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ロングエキスプレス
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ペリリューや、ああペリリューや、ペリリューや
松島では、ありません。

basho.jpg

バショウカジキです。×4
松尾芭蕉もびっくり。

カットの沖に悠々と泳いでいました。

さて、新月です。
狙うは、まずは、カスミアジの群れ です。
狙う?いや、必ずや射止めます。

エントリーは、ロングエキスプレス。私のエントリー場所から入ります。
流れは上々?いや、ほとんどなし。
ゆっくりと棚中を泳いでモノを射止めます。

カスミアジの群れは、近づきは離れる。一定の距離を保たれます。
追いすぎてもダメ。でも、追わなければ逃げられる。
恋愛と一緒。
気持ちを込めて、願いを込めて。と思っていましたが、
いや、ストーカー作戦で行きましょうか?
息をひそめて、岩のように近づきます。

kasumi2012-0123.jpg

ストーカー作戦、大成功!!!
360度、カスミアジフィーバーです。

kasumi2012-01231.jpg

旬ですね。

もちろん、ロウニンアジの群れは、大本命。
少々の浮気は許してね。

rouninn2012-0123.jpg

そして、夕食時に300DIVE記念です。
おめでとうございます。

3001.jpg 3003.jpg

本日のポイント

1本目 ロングエキスプレス
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 オレンジビーチ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

その先には

| コメント(0) | トラックバック(0)

狙いを定めます。
満月の主役は、バラフエダイの群れと言いましたが
早朝ダイブの時には、邪魔になる場合があります。
そのバラフエダイの群れの向こう側、その先にはです。

彼らの放卵放精も迫力がありますがなんといっても、
その隙だらけになる放卵放精時に物を得ようとするハンターたちです。
ついに出ました。

siruba1.jpg siruba0.jpg

シルバーチップ、ツマジロです。大きさは、3メートル以上。4メートル弱です。
そして、お馴染みのカマスイムもします。

kama1.jpg

カマストガリザメとスイム。カマスイムもしましょう。
ブルシャークも、うようよ。

なんと興奮するダイビングでしょう。
興奮が止まりません。この興奮のために満月はあります。
賞味20分のダイビング。非常に濃厚なダイビングです。

日中時には、 本来の主役に戻ります。
その主役のバラフエダイの群れを追い込みましょう

barahuedai2012-01081.jpg barahuedai2012-01082.jpg barahuedai2012-01083.jpg

午後は、ブルーコーナーへ行きます。
インドオキアジに囲まれますが、逃げないので余裕をもって写真を撮ることができます。

indookiaji2012-0108.jpg

そして、今月の満月は、ツノダシも群れは、大きくなりませんでした。
先端です。

tsunodashi2012-0108.jpg

スダレチョウチョウウオも群れていました。
来月のツノダシの群れは非常に大きくなることでしょう。

本日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューコーナー
3本目 ブルーコーナー
4本目 ブルーコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

帰ってきた城みちる

| コメント(0) | トラックバック(0)

君に会うために、君に会うために。
南の島から奴はやってきます。

michiru.jpg michiru2.jpg

そうです。城みちるがペリリューに帰ってきました。
バンドウイルカです。

そして、バラフエ祭も盛り上がりを見せています。
昨日に比べて、倍以上の数になってのでは。

barahuedai2012-01074.jpg barahuedai2012-01071.jpg

前が見えません。。。。

barahuedai2012-01073.jpg

滝のように盛り上がります。

barahuedai2012-01072.jpg

そして、バラフエダイの群れの後ろには、ロウニンアジの群れが控えています。
もちろんエキジットには、ロウニンアジの群れに突入です。GO!!!

rouninn2012-0107.jpg

360度、720度、1080度 ロウニンに巻かれます。


〆は、キャンベックで黄色の幸せ探し。

kokutennhugu.jpg

今日は幸せ宅急便のコクテンフウグです。

本日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューコーナー
3本目 アンティアス#2
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

バラフエ祭 開幕

| コメント(0) | トラックバック(0)

月に1回のバラフエ祭、開幕。

barahuedai2012-0106.jpg

単体だと見抜きもしないバラフエダイが群れになり、主役になる時です。
その主役に、近づくもの あり!
沖から、特大サイズのツムブリの群れが近づいてきます。

barahue tsumjburi1.jpg barahue tsumjburi2.jpg

群れと群れが混ざり合います。
それにしても、サイズが特大です。

tsumuburi20120-0106.jpg tsumuburi20120-01061.jpg tsumuburi3.jpg

闘牛士のよう、赤い魔法で、ロウニンアジの群れを我々ダイバーの方へ
顔の向きを変えます。えぃい!!!!!

roninn2012-01062.jpg

ペリリューコーナーの先端では、ドヤ顔のロウニンアジの群れに突入!

roninn2012-01061.jpg

真正面からロウニンの大河が流れます。
お客様も大興奮!!

roninn2012-01063.jpg

でも、ロウニンより一番ドヤ顔だったのは、ガイドの加藤と言われてしまいました。(笑)

いつもの〆のキャンベック。
今日は、黄色でまとめます。

kiirosango.jpg gingahaze2012-0106.jpg

本日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリューエキスプレス
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

超絶好調!
ロウニンアジの群れ!群れ!群れ!
早朝ダイビングは、カット沖から先端に追い込みながらの
ずっとロウニン。
一度は深場に逃げられてしまった。。。。
でも、ご安心を!
魔法の杖を一振りで、ほら!

roninnaji2012-01055.jpg roninnaji2012-01053.jpg

会心の一撃です。
ポーズをとっての余裕です。

roninnaji2012-01052.jpg

日中時には、一度はカットからコーナーのガイド泣かせの流れに
落ち着いて、カット、先端、エキスプレスと潮の流れをチェック。

カット
どんより、流れも潮もありません。。。

先端
引き続きどんより。。。でも流れの兆しあり。

エキスプレス
またまたどんより。しかし、着実に潮が当たってきています。

男は行くしかありません!
エキスプレスの深場を念入りに念入りに確認しながら沖を流します。

きらーん!
40メートルまで一気にGO!

roninnaji2012-01051.jpg roninnaji2012-01054.jpg

目の前に前方、真正面に向かってくるロウニンアジの群れです。
この一瞬の勝負にかけるのがたまりません。

午後は、久しぶりにブルーホール。

hole.jpg

緩やかに下げ潮の流れ。
ホールからコーナーを一気に流します。

そして、パラオの冬の風物詩といえば、

tsunodashi2012-0105.jpg

ツノダシの群れ。
黄色の絨毯がブルーコーナーの上に魅かれることでしょう。
今日は、20匹ぐらいの群れが2,3個。
明日には、3桁に増えていることでしょう。

サンセットでは、アジで〆ます。
光物一等級入ります。

itohikiaji2012-0105.jpg

イトヒキアジです。水面休息中に見れたらいいね。と言っていた矢先の登場。
願いはかなえましょう。

そして、夕方のブルーコーナーの帝王は、

kurohiraaji2012-0105.jpg

クロヒラアジの群れ。
ギンガメアジも混ざっています。

日の出から日の入りまで
楽しくって!楽しくって!しょうがない!

本日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューエキスプレス
3本目 ブルーホールからコーナー
4本目 ブルーコーナー

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

桃のスピードで

| コメント(0) | トラックバック(0)

本日も絶好調!
結果は以下です。

rouninn2012-01041.jpg

桃が流れるほどゆったりした流れ
。 どんぶらこ。どんぶらこ。

ロングエキスプレスから、桃のように私たちは、流します。
お婆さんに拾われえぬよう。

まずは、川の途中に黄色と黒の阪神タイガーズに襲われそうに。

musuji.jpg

無事に通過。

途中、虹にも遭遇。

tsumuburi2012-0104.jpg

昨日に引き続き、ツムブリに囲まれます。
この頃、非常にツムブリの数が多いです。

ブラックフィンバラクーダも無事に通過。

baraku-da2012-0104.jpg

先端では、昨日に引き続き、ロウニンフィーバー!!!

rouninn2012-01042.jpg

最後は、ロウニンアジの群れに拾ってもらって桃は、無事に。
最高の40分でした。

本日も〆もキャンベック。

sukuriputo2012-0104.jpg

パイプフィッシュが多いです。

本日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューエキスプレス
2本目 ロングエキスプレス
3本目 アンティアス#2
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

ロウニンフィーバー

| コメント(0) | トラックバック(0)

2012年も絶好調に攻め続けています、ペリリューコーナー。
なかなか、テッパンの流れにはなりませんが、
潮の流れの強弱、流れの向きなどを しっかりと熟考し、ロウニンフィーバーです。
777、777,777という感じでしょうか!

rouninn201201032.jpg rouninn201201031.jpg

360度囲まれた後に、一度は深場に逃げられたロウニンアジの群れは、
必ず、戻ってきます。その瞬間、真正面に向かってくるその時を逃しません。

rouninn201201033.jpg

この頃は、カットの沖にいることが多いです。

そして、このカットには、いい潮があったっています。虹の集まりです。

tsumuburi201201031.jpg tsumuburi20120103.jpg

ツムブリが非常に多くの数が居ます。虹の中です。別名、レインボーランナー。

ペリリュードロップオフの棚上には、カンムリブダイの群れです。

kanmuribudai20120103.jpg

水深が3,4メートルの上からの差し込む光が当たってのカンムリブダイです。

そして、〆のキャンベックでは、唇が寂しい。。。。。この頃。

ginngahaze20120103.jpg

ギンガハゼとの濃厚キスシーンでした。

本日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ペリリューカットからコーナー
3本目 ペリリュードロップ
4本目 キャンベック

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

発破かけたげる

| コメント(0) | トラックバック(0)

ロウニンの出会いはスローモーションです。
ダイバーAはロウニンに会います。
ロウニンの神話は2分の1で終わらず、いい加減では、終わりません。
ダウンカレントには、禁区があり、戻ることができません。
そろそろ発破かけたげる。。さぁ、カタをつけましょう。
軟な生き方では、ロウニンアジは見れません。
坊や、いらいらするわ!
ダッシュ!

roninn2012-0102.jpg

早朝ダイビングでした。

日中時は、マクロも含めのんびりと。
まずは、ヘルフリッチ正面です。

herufu2012-0102.jpg

ブルーコーナーのマクロ穴には、かないませんが、
ここでもかなりの見やすさを誇っていると思います。
オレンジビーチでは、マダラタルミの幼魚です。

madaratarumi 2012-0102.jpg

足の踏み場のないサンゴが広がっている中に見つけたパンダでした。

午後は、ロウニンアジの群れを見るには、ガイド泣かせの流れですが、
ペリリューコーナーの付け根の付け根、ペリリュードロップオフから流します。
途中には、今年初のパラオの神様、発見。

madaratobiei2012-0102.jpg

優雅です。
カットでは、潮が当たっているのでしょう。

cut.jpg

かなりの数のグレイリーフシャークが居ました。
久しぶりにカレントフックを使ってのダイビング。
流れを肌で感じることができ、気持ちがよかったです。

本日のポイント

早朝 ペリリューカットからコーナー
1本目 アンティアス#2
2本目 オレンジビーチ
3本目 ペリリュードロップからカット

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン

謹賀新年
あけましておめでとうございます。

 

旧年中は格別なご高配を賜り、まことに有難く厚く御礼申し上げます。
本年も、より一層のご支援を賜りますよう、スタッフ一同心よりお願い申し上げます。

新年早々ですが、もちろん気合を入れてペリリューコーナーを攻めます。
攻略方法ですが、3つのパターンがあります。

1. テッパンの流れ
2. 泣かせの流れ
3. 流れなし

テッパンの流れの場合には、流れの角度、流れの強さによって条件が
変わってきますが、名の通り、ロウニンアジの群れを見るには硬い流れです。

大変なのが、2,3の場合です。
泣かせの流れ、ガイド泣かせの流れです。
ペリリューカットからコーナーへの流れです。
この乾期の時期に東からの風が吹き、潮の流れは西からです。

このような状況では、水面では、喧嘩が始まります。
流れと風向きが相反するので非常に水面が
波立ってしまうので、怒っている感じもします。

そして、先端では、ロウニンアジの群れは、はるかかなたの深くです。

泣きます。。。

もっとつらいのが流れがない事です。
流れてなんぼのポイントですからね。

では、元旦のペリリューコーナーは

1+2 の状況。
こういう時は、とにかくダウンカレントを探します。
このダウンカレントが何よりもロウニンアジはお好き。

もうそのダウンカレントを見つけたらこっちのものです。
タイミングを見計らってGO!

roninn2012-0101.jpg roninn2012-01012.jpg

ロウニンダッシュです。

2012年、良い年になりそうです。

本日のポイント

早朝 ペリリューコーナー
1本目 ペリリューカットからコーナー
2本目 ロングエキスプレス
3本目 ペリリュードロップオフ

本日もお疲れ様でした。
明日もどうぞよろしくお願いいたします。

ライン
上へ

ブログの最新記事

  • ロウニン感謝祭

    ロウニン感謝祭

    ロウニン感謝祭!!! 数がどんどん増えています。乾季、真っ盛りです。 棚下から、...

  • 私ってキレイ?

    私ってキレイ?

    天気はピーカン。非常に日差しが強いです。 しかし、風はかなり吹いています。 マク...

  • カットが熱い!!!

    カットが熱い!!!

    カットが熱いです。!!! はるか下、水深40メートル付近から、超巨大な大砲、ドラ...

  • 落ち着きなく

    落ち着きなく

    新月は過ぎましたが、まだまだカスミアジの群れは、健在。 イエローウォールでも群れ...

  • 恋の落とし穴

    恋の落とし穴

    緩やかなペリリューエキスプレスの流れ。 これって、ロウニンアジの群れには逃げられ...

  • ペリリューや ああ、ペリリューや ペリリューや

    ペリリューや ああ、ペリリューや ペリリューや

    ペリリューや、ああペリリューや、ペリリューや 松島では、ありません。 バショウカ...

  • その先には

    その先には

    狙いを定めます。 満月の主役は、バラフエダイの群れと言いましたが 早朝ダイブの時...

  • 帰ってきた城みちる

    帰ってきた城みちる

    君に会うために、君に会うために。 南の島から奴はやってきます。 そうです。城みち...

  • バラフエ祭 開幕

    バラフエ祭 開幕

    月に1回のバラフエ祭、開幕。 単体だと見抜きもしないバラフエダイが群れになり、主...

  • 楽しくって!楽しくって!しょうがない!

    楽しくって!楽しくって!しょうがない!

    超絶好調! ロウニンアジの群れ!群れ!群れ! 早朝ダイビングは、カット沖から先端...

写真一覧

最新のコメント